• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三浦春馬主演舞台『罪と罰』ビジュアル公開

舞台『罪と罰』 2019年1月に上演される三浦春馬主演の舞台『罪と罰』のビジュアルが公開された。

 本作は、シアターコクーンが海外の才能と出会い、新たな視点で挑む演劇シリーズである「DISCOVER WORLD THEATRE」の第5弾。演出を担当するのは、気鋭の英国人演出家フィリップ・ブリーン。2015年、シアターコクーンプロデュース公演『地獄のオルフェウス』で日本での演出家デビューを飾り、2017年12月には、テネシー・ウィリアムズの傑作『欲望という名の電車』に挑み、大竹しのぶらキャスト陣の熱演を導きだした。3度目の登場となる今回は、ロシア文学の傑作長編小説『罪と罰』を取り上げる。

 戯曲はブリーン自身が2016年にLAMDA(ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート)に書き下ろしたものをベースに、日本公演のために再構築。哲学的な思索、社会に対する反動的な見地と政治思想、宗教感を織り交ぜながら、当時のロシアでの民衆の生活状況を描きつつ、殺人者の倒錯した精神に入り込んでの心理描写など、読み応え満載の原作を舞台作品として蘇らせる。

舞台『罪と罰』 “正義”のためなら人を殺す権利があると考え、殺人を犯す主人公の青年ラスコリニコフには『地獄のオルフェウス』以来、2度目のタッグでブリーンから「世界中どこを探しても彼の他には考えられない」と絶大な信頼を得ている三浦春馬。

 ラスコリニコフと心を通わせる娼婦ソーニャ役には3年ぶり3度目の舞台出演となる大島優子。その義理の母親カテリーナに麻実れい、主人公を追いつめる捜査官ポルフィーリに勝村政信。さらに、主人公の妹役に南沢奈央、母親役に立石涼子、親友役に松田慎也、そして謎の男スヴィドリガイロフに山路和弘と実力派キャストが顔をそろえる。

 公開されたビジュアルでは、主人公ラスコリニコフの役柄に合わせて減量し、撮影に挑んだという三浦春馬の姿が写し出されている。

舞台『罪と罰』Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019
DISCOVER WORLD THEATRE vol.5
『罪と罰』

原作:フョードル・ドストエフスキー
上演台本・演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:木内宏昌
美術・衣裳:マックス・ジョーンズ

<出演>
三浦春馬、大島優子、南沢奈央、松田慎也、
真那胡敬二、冨岡弘、塩田朋子、粟野史浩、瑞木健太郎、深見由真、奥田一平
山路和弘、立石涼子、勝村政信、麻実れい

高本晴香、碓井彩音

<ミュージシャン>
大熊ワタル(クラリネット)、秦コータロー(アコーディオン)
新倉瞳 ほか(チェロ)※日替わり出演

企画・製作:Bunkamura

■東京公演
2019年1月9日(水)~2月1日(金)
会場:Bunkamuraシアターコクーン

■大阪公演
2019年2月9日(土)~17日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える