• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐・相葉雅紀感激!『僕とシッポと神楽坂』原作のたらさわみちさんが現場を訪問

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 嵐・相葉雅紀がテレビ朝日系主演ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(10月12日スタート(金)後11・15ほか)の撮影現場で、原作者の漫画家たらさわみちさんから激励を受けた。

 同作では、相葉が獣医師役に初挑戦。東京・神楽坂を舞台に、「坂の上動物病院」を開業した主人公の“コオ先生”こと高円寺達也(相葉)が、動物たちを通して地域の人々と交流を深めていく姿を描く。

 たらさわさんは、相葉が自然体で演技をする姿や動物たちと戯れる姿を見て感動した様子。相葉演じるコオ先生や、劇中に登場する看板犬ダイキチ&地域猫オギを描いた色紙を手渡しでプレゼントし、原作執筆の裏話などに花を咲かせた。

 相葉は「たらさわ先生にコオ先生とダイキチ&オギの似顔絵を描いていただいたのですが、さすが本当にお上手で…!『どうやって描いているんですか?後ろの色もご自分で塗られるんですか?』って、細かいところまでいろいろお聞きしちゃいました(笑)。一枚の色紙にダイキチとオギを描くのでだいたい一時間くらいなのだそうですが、そこにコオ先生が入るともう少しかかるんだそうです(笑)」と恐縮しつつも大感激。

 実は相葉が初めて出演した映画「新宿少年探偵団」(1998年)の原作者は、たらさわさんの友人だったという意外な事実も判明。相葉は「先生同士がお話されたときに『20年越しにまた相葉君でつながるんだね』っていう話をされたばかりで、『縁を感じる』とおっしゃってくださいました」と話した。

 たらさわさんは相葉について、「コオ先生を相葉雅紀さんが演じてくださることにとても感激しました。動物と関わるお仕事もたくさんされていて、こんなにコオ先生にぴったりの方がいたんだ!と(笑)」と絶賛。「本読みでのごあいさつで『歌って踊るのと同じくらい動物と接しているので』とおっしゃってくださったときに、絶対大丈夫だと確信しました」と太鼓判を押した。

<原作者・たらさわみち氏 コメント>

『僕とシッポと神楽坂』のドラマ化が決まったことを最初に聞いたときは、すごくびっくりしました。そして配役を聞いてさらにびっくり! コオ先生を相葉雅紀さんが演じてくださることにとても感激しました。動物と関わるお仕事もたくさんされていて、こんなにコオ先生にぴったりの方がいたんだ!と(笑)。本読みでのごあいさつで「歌って踊るのと同じくらい動物と接しているので」とおっしゃってくださったときに、絶対大丈夫だと確信しました。

 実際にお会いした相葉さんは本当に自然体で、温かい方。昔飼っていた動物の話や、原作のダイキチのお話などをしました(笑)。

 広末涼子さんがトキワさんを演じてくださるのもとてもうれしくて…!広末さんが原作のトキワさんに寄せて髪をショートカットにしてくださったのも本当に感激しました。実は私はショートカットのヒロインを描いたことがほとんどなく、トキワさんは稀なキャラでした。女性らしさを抑えて、強く生きるスマートなところを描きたくてそうしたのですが、そんなところも広末さんが作品に寄り添ってくださった気がしたんです。訪問時にはちょうど広末さんが動物と触れ合うシーンを撮影されていたのですが、すごく手慣れていて、お好きなんだなと感じました。息子役の矢村央希君とも息がピッタリで、まるで本当の親子のようでした!

 ドラマの撮影現場にお邪魔するのは初めてだったのですが、スタジオのセットなどを拝見して「漫画家として参考になるな」と思いました。出演者の皆さんももうすっかり役が出来上がっていて…。徳丸先生役のイッセー尾形さんがとてもいい味を出してくださっているのですが、(大ファンなので)原作でももっとハンサムに描いておけばよかったと思いました(笑)。

 実は、この作品を描き始めたとき、動物を描くのが苦手だったんです。出来るかな、と思いながら始めたのですが、気がつけばもう長いこと描いていて、現在もネタが尽きない中でシリーズを続けられています。コオ先生も、原作シリーズ当初は途中から出てきたサブキャラだったのですが(笑)。読者の皆さんもコオ先生に思い入れを持ってくださっています。

 私自身も思い入れのあるそんなコオ先生を相葉さんが演じてくださって、本当にありがたいです。ドラマでは原作とまた違った世界観が出るところもあると思うので、そこを楽しんでいただけたら、と思います。

<高円寺達也役・相葉雅紀 コメント>

 今回、たらさわ先生にコオ先生とダイキチ&オギの似顔絵を描いていただいたのですが、さすが本当にお上手で…!「どうやって描いているんですか?後ろの色もご自分で塗られるんですか?」って、細かいところまでいろいろお聞きしちゃいました(笑)。一枚の色紙にダイキチとオギを描くのでだいたい一時間くらいなのだそうですが、そこにコオ先生が入るともう少しかかるんだそうです(笑)。

 他にも先生とはいろいろお話させていただきました。ほとんどが雑談のようなものだったのですが、実は僕が最初に出させてもらった映画『新宿少年探偵団』は、先生のお友達が書かれた作品だったそうなんです!先生同士がお話されたときに「20年越しにまた相葉君でつながるんだね」っていう話をされたばかりで、「縁を感じる」とおっしゃってくださいました。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える