• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野村周平、結婚相手の条件は「あまり縛らない人」

オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』制作発表会見 10月6日(土)スタートのオトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』(フジテレビ系)の制作発表会見が行われ、野村周平、高梨臨、大谷亮平、佐津川愛美、若村麻由美が登壇した。

 本作は、政府が施行した“抽選見合い結婚法”に振り回される若者たちを描いた社会派ヒューマンドラマ。野村は「もし実際にこの法律が施行されたらどういう問題が起きるかっていうのは、現在の日本においても考えられることです。そういう部分をこのドラマを通して提示していければと思い、オファーをお受けしました」と。

 野村が演じるのは、人間不信、極度の潔癖症である主人公・宮坂龍彦。役作りのため「自宅の掃除から始めて、よく行くごはん屋さんにマイ箸を持っていった」と話す野村だったが、「周りからは『周平、とうとうそこまできたか』って顔されたので、今後はやめとこうかなと思いましたけど…(笑)」と苦笑い。

 いっぽう関西弁を話す・鈴掛好美役の佐津川が「撮影前に方言テープを聴いて、現場にいた関西出身の助監督さんと撮影直前まで一緒に練習しました」と撮影現場での苦労を明かすと、大阪出身の大谷は「佐津川さんは完璧でしたよ!むしろ僕の関西弁が出ちゃって、NGが多かったです(笑)」と。これには野村も「助監督さんがせりふを関西弁で言うので、『マジで隣には来ないでくれ』と思いました(笑)。ついつい僕も関西弁が出ちゃうし、みんなそれに惑わされる」と現場での関西弁ループについて明かした。

 続けて“質問相手は抽選で”と題し、それぞれ出演者からの質問に回答していくことに。佐津川からの「仕事で楽しい瞬間は何ですか?」という質問には「お芝居している時かな、ただ基本仕事現場は楽しいです。楽しくないと嫌になって来ないので(笑)」と野村。撮影を振り返り「高梨さんと平べったい、ひっくり返すものを食べに行くシーンがアドリブ満載で楽しかったです」と語ると、高梨が「基本的に、野村君はリハーサルふざけているから、本番何を言うのかドキドキします(笑)」と漏らすひと幕も。

 また、大谷の“男性の惹かれる部分は?”という質問に、若村が「私が最初に見るのは、全ての人が意識をしていない耳です」と回答。さっそく野村、大谷の耳チェックが行われ、一同大盛り上がり。

 さらに、記者からドラマにちなんで“結婚相手に譲れない条件”を尋ねられた野村は「条件を言うのもおこがましいんですけど、あまり縛らない人ですかね。あと僕の趣味を『かっこいい』って言ってくれる女性でなければ僕とは結婚できないと思います。僕の車が嫌い、派手は嫌だ、スケボー嫌いとか言う女性は無理です、僕とは(笑)」と理想の女性像を明かし、会場を沸かせた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える