• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中村優一、小野塚勇人とのバイク2人乗りで「女の子の気持ちが分かった」

『恋のしずく』 公開中の映画『恋のしずく』に出演する小野塚勇人と中村優一によるトークイベントが開催された。

 本作は、東広島市・西条を舞台に、川栄李奈演じるリケジョの大学生・詩織が、日本酒の酒蔵へ実習に行くことになり、酒造りを通じて目覚める人生の喜び・出会いと別れを経験しながら成長していくヒューマンドラマ。

 小野塚、中村共に「仮面ライダー」シリーズ出身とあって“ライダー俳優酒飲みトークショー”と銘打って行われた今回のトークイベント。朝の第1回上映後とあって、2人とも「まだ昼間でしょ(笑)?」と戸惑いつつ、乾杯でスタートした。

 小野塚は劇中に登場する日本酒の中でも「命なりけり」が最もお気に入りと明かし「飲みやすくて、女性でも飲めちゃう。逆に飲みやす過ぎて危ないかも。僕も、飲料水のように入っていくので、気づいたら酔っぱらっている感じで(笑)」と絶賛。

 まだ一度しか「命なりけり」を飲んだことがなく「(味を)忘れてしまった」という中村のために小野塚は、その場で栓を開けて盃に注ぎ、劇中の言葉を引用し「一生、忘れられない味ですけど!」とニッコリ。盃を口に運んだ中村は「イイっすねぇ…。やっぱりおいしい!」と満面の笑みを浮かべた。

 中村は、東広島市西条で行われた撮影期間中「毎日飲んでいた」と明かし、小野塚も「“勉強会”と称して、飲ませていただいていました(笑)」と語った。

 中村は「(小野塚と)初めて会ったのが広島空港で、西条に向かう車で『今日、ご飯行きませんか?』と言ってくださったんです」とうれしそうに振り返り、小野塚は「東京で撮影だと、自宅から通って自宅に帰るので、ご飯を行くのも『撮影が全部終わったら』となりやすいけど、オールロケだとみんなでホテルに泊まって一緒なので、距離が詰めやすいんですよね」と楽しそうに語った。

 地元の人々の酒の強さにも面食らったようで「前の日にあれだけ飲んで、次の日も昼間から『どうですか?』と言ってくる神経が分からない!(笑)どこで体を休めてるのか…」と驚きつつ、地元の人々に感謝した。

 2人がバイクで2人乗りするシーンについて、中村が「バイクの後ろに乗る女の子の気持ちが分かりました。(2人乗り用の)取手があるんですけど、いらないなって思いました。これがなければ小野塚君の後ろから(ギュッと抱擁を)いけたのに!」と残念そうに語ると、会場からは笑いが起こった。小野塚は「一応、ライダーですから。まあ、(『仮面ライダー』ではバイクに変身する役で)乗られる側でしたけど…(苦笑)」と自虐気味に語り、会場は再び笑いに包まれた。

 観客から西条でのおすすめグルメを尋ねられると、小野塚は「いろいろ食べ過ぎましたけど(笑)、僕が撮影でいたのは牡蠣シーズンで、生ではなく蒸し牡蠣を食べておいしかったです。漫画みたいな牡蠣タワーを作っちゃいましたけど、撮影中なのによくあんなに食べたなって(笑)。モツ鍋屋さんにも行ったんですけど、それもおいしかったです」と。

 一方、中村は撮影期間中、あまり地元の名産品を食べる機会がなかったようで「映画の中の美酒鍋も食べてないんですよ…。こないだ、宮地真緒さんと舞台あいさつに伺って、初めて酒蔵を回らせていただいたんですが、美酒鍋屋さんの前には行って、建物の前で写真だけ撮りました」と明かした。

 また、あるシーンの撮影では、小野塚がイタズラで、中村に水をなみなみと注いできたことがあったという。中村はかなり戸惑ったそうで「いたずらっ子なんですよ(苦笑)。真顔で面白いことをやってくるんです。ドSなんでしょうね」と語り、小野塚は「そういうシーンだったんですよ。良心が痛みました(笑)」と弁明した。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える