• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

稲森いずみ主演ラブコメ『それを愛とまちがえるから』に鈴木浩介、仲里依紗、安藤政信!特報も解禁

『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』 2019年2月9日(土)にスタートする稲森いずみ主演ドラマ『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』(WOWOWプライム)に、鈴木浩介、仲里依紗、安藤政信が出演することが決定し、特報映像も公開された。

 数多くの“社会派ドラマ”を放送してきたWOWOWが、これまでに放送したことのない新たなジャンル“ラブコメディ”に挑戦。その第1弾となる本作は、直木賞受賞作家・井上荒野の同名小説が原作。結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、セックスレスになってしまった夫婦の行く末を、笑いあり、涙ありで送る大人のためのラブコメディ。チーフ監督を『最後から二番目の恋』などを手掛けた宮本理江子が務める。

 夫婦のセックスレスに悩んだ挙げ句、“真面目に一生懸命な不倫”に走る主人公・伽耶を稲森いずみが演じる。今回、伽耶の夫の匡役を鈴木浩介、匡の不倫相手・朱音役を仲里依紗、伽耶の恋人・誠一郎役を安藤政信が演じることが分かった。 

 鈴木が演じる匡は大手スーパーの課長で、うだつのあがらないサラリーマン。おおらかで人の良い性格だが、それが逆に身近な人を傷つけていることに気付かない鈍感な一面も。

 そんな匡が心の癒やしを求めて不倫しているのが、仲が演じる一回り以上も年齢が若い整体師・朱音。朱音は、自分の好き嫌いがハッキリしているサバサバした性格。結婚に対してクールな価値観をもっているように見せるが、本気で人を好きになることへの臆病さを隠している。

 安藤が演じる誠一郎は“遠野ゆきえ”というペンネームで少女漫画を描く人気漫画家。ひょんなことから伽耶の“真面目な不倫相手”になっていた。身も蓋もないことを言うだらしない人間だが、実は繊細な心の持ち主で、ある問題を抱えることに。

<コメント>
■鈴木浩介
匡は、優しくて優柔不断な普通で平凡な男です。共演者の皆さんや宮本監督との撮影は楽しく、濃い時間を送ることができました。作中にはライブ感もあり、テンポが速い4人の芝居の掛け合いは大変でしたが、皆で力を合わせ、とても面白い作品になったと思います。ぜひ、ご覧ください。

■仲里依紗
シーン1つひとつがとても長く、ぶっつけ本番で撮影した時もあり、なかなか大変でしたが、不思議と楽しい現場でした。監督がいつも楽しそうに演出してくださっていたので、私も安心して演じることができました。

■安藤政信
伽耶の恋人で、やり切れない繊細な役です。初めて台本を読んだときは、クスクスと笑える面白い作品だなと思いました。せりふが多い長回しの撮影に苦労もしましたが、今回、皆さんとご一緒させていただいて、今まで以上に芝居を好きになることができた思い出深い作品です。

特報
https://youtu.be/00PsIe-K7so

宮本理江子監督 インタビュー

稲森いずみ インタビュー

『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』
2019年2月9日(土)後10時スタート(全5話)
※第1話無料放送

<あらすじ>
専業主婦の伽耶(稲森いずみ)は、仕事熱心で性格も合う夫・匡(鈴木浩介)と結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、2人は長きに渡るセックスレスでもあった。ある朝、匡に恋人がいることを尋ねた伽耶は、匡が自分にも恋人がいることに気づいていたのを知る。実は伽耶も漫画家の誠一郎(安藤政信)と不倫関係であった。そんな中、通っていた整体院の整体師・朱音(仲里依紗)が匡の恋人だということを知った伽耶、そしてその場に偶然居合わせた匡と誠一郎。お互いの恋人を知ってしまった夫婦と、その恋人たちが織り成す四角関係の行方は!?

<スタッフ/キャスト>
原作:井上荒野『それを愛とまちがえるから』(中公文庫)
監督:宮本理江子(「最後から二番目の恋」「最高の離婚」「風のガーデン」)、樹下直美(「未解決の女警視庁文書捜査官」「この声をきみに」)
脚本:牧五百音、新井友香(「祝女」)
音楽:平沢敦士(「最後から二番目の恋」「三匹のおっさん」)
企画プロデュース:松永綾
プロデューサー:植田春菜、浅野澄美
製作著作:WOWOW
制作協力:FCC

出演:稲森いずみ、鈴木浩介、仲里依紗、安藤政信 ほか

番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/soreai/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える