• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤健『ハード・コア』出演は「役者として山田孝之が好きで即決」

映画『ハード・コア』完成披露上映会 11月23日(金・祝)公開の映画『ハード・コア』の完成披露上映会が開催され、山田孝之、佐藤健、荒川良々と山下敦弘監督、そして謎のロボット“ロボオ”が登壇した。

 あまりにも純粋で信念を曲げることができず、世間になじめないアウトロー、権藤右近を演じた山田は「山下監督とだいぶ前から映画化したいと言っていました作品がついに公開を迎える。うれしいですね」と、本作が公開されることへの喜びを語った。

 右近の弟でエリート商社マンを演じた佐藤健は「孝之君の弟役ということで即決でした。僕の役者人生の新しい扉を開いた作品になっていると思います」と。

 山下監督は原作にちなんで「ようやく今日“平成地獄ブラザーズ”がそろいました(笑)」とうれしそうに語った。

 さらに右近と牛山の友人であるロボオがあいさつ代わりのダンスを行うと、会場からは大きな拍手が沸き起こり、佐藤が「劇中からキャラが変わり過ぎじゃないですか。そんなキャラじゃなかったでしょ(笑)」とツッコむと、会場は笑いに包まれた。

 映画化に至るまでの経緯を聞かれた山下監督は「山田君と共通の知人のプロデューサーに『ハード・コア』を映画化したいという話をした時に、そのプロデューサーから“この作品、山田君も好きなんですよ”と聞いたのがきっかけでしたね」と明かした。

 山田は「山下監督とはけんかもなく、楽しくやらせていただきました。今回、役作りなどはせず、素のとおりにやらせていただきました」と話し、初の兄弟役を演じた佐藤については「キャスティングの話が出た時に、左近役は佐藤健さんでどうでしょうかという声が上がって“最高だな!”と思いました。その後飲みの席で会う約束が会ったので、自分からプッシュしようとしたら、健が“やりますよ!”と答えてくれてビックリしました」と経緯を説明。

 佐藤も「役者として山田孝之が好きで即決でした。僕が昔出演した『バクマン』『何者』に孝之君が出てくれてうれしかったんですよね。だからこの作品では山田孝之を支える役に挑戦できるのがすごくうれしかったです」と語った。

 右近と左近、それぞれのキャラクターについて山田は「社会のことなど考えず、自分の信念を貫いて生きていく右近がカッコよく思うんですよね。だからみんな右近のことが好きだし、この原作が愛される理由なんだと思います」と。

 佐藤は「今の時代、右近のように生きるのはなかなか難しいと思います。だからこそ右近のような人へ憧れがあるんですよ。真似はできないけど男としてカッコいいなと思います」と熱く語った。

 また牛山のキャラクターについて、山下監督は「昔、飲み屋で荒川さんと牛山を演じるなら荒川さんだよねと話していたんです。だから映画化決まる前から荒川さんのキャスティングは決まっていました」と語り、荒川も照れくさそうに「20代のころに原作に出会って、当時の自分と重なる部分がありました」と明かした。

 ここで、キャストに平成と共に誕生した伝説のコミックが平成末期の今映画化されたことにちなんで“平成の大事件は何ですか?”という質問が。山田が「人前で、マスコミの前で、生放送もある中で、一大事件なんて言えないですよ!言ったら平成と一緒に俺が終わるかもしれない(笑)」となかなか答えずにいると、すかさず佐藤が「めんどくさいな!」とツッコミを入れた。

 そして佐藤が「平成が終わることが僕にとっての大事件ですよ」と回答すると、会場からは拍手が送られ、今度は山田が「ずっと考えてた答えだな(笑)」とツッコむと、会場は再び笑いに包まれた。

 山下監督が「『ハード・コア』を作れたことが事件でした」と答えると、山田も「監督の顔を見てて思いました。山下監督と出会ってしまったことが事件かもしれないですね」と応じた。

 フォトセッションでは、ロボオの顔に埋まった会場をバックに山田が自撮りし、会場は大きな盛り上がりを見せた。

 最後に山下監督が「とにかく、原作を読んでから20年近く掛かってようやく映画化することができました。納得のいく作品になっていますので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」とメッセージを送った。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える