• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

千鳥・ノブ、三四郎・相田との即興漫才でスベる「おもろない!」

『チャンスの時間』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『チャンスの時間』#28が11月20日に放送された。

 11月20日は、ゲストに三四郎の小宮浩信と相田周二を迎え、千鳥の大悟とノブの4人で、サイバーエージェントの藤田晋社長を訪問。

 「ノブmeetsひょうきん者!素人漫才」と題して、4人の“ひょうきん者”とノブが即興漫才に挑戦し、何組が藤田社長を笑わせることができるかを検証するために、株式会社なんでんかんでんフーズ代表取締役社長の川原ひろしさんと、AbemaTVの瀧山あかねアナウンサーが登場した。

 さらに、相田と大悟も“ひょうきん者”としてノブと一緒に藤田社長の前で即興漫才をすることになり、「千鳥の漫才、生で見ていただきたい」と言う大悟に、小宮が「意外とそれ(千鳥の漫才)が1番プレッシャーかかりますよ!」とツッコみ、現場は笑いに包まれた。

 早速、トップバッターの瀧山アナとノブが登場し、「『チャンスの時間』のアシスタント、そろそろ私に変わったほうがよくないですか?」と瀧山アナが漫才をスタートさせる。しばらく様子を見ていた藤田社長だったが、「西澤さんはあざとくて計算高いし、世の中を知り尽くしてる感があるんですよね」という瀧山アナの発言に吹き出し、笑ったポイントを聞くと「どさくさに紛れて悪口言ってるから」と答え、現場は爆笑。

 続いて披露した川原さんの漫才でも「(川原さんの)存在自体が面白い」と早々に笑いだした藤田社長に、大悟が「逆にここからがしんどいパターン!」と不安な表情を見せる中、相田とノブの漫才がスタート。

 先程とは打って変わって、笑いが一切起きない苦しい状況に「ボケてくれ!」と相田にお願いするノブだったが、その後も淡々と漫才が続き「おもろない!おもろないね~」と再度ツッコむと、藤田社長に笑いが。笑わせることに成功したものの、ノブは相田との漫才を「1番やばい!」とコメントし、藤田社長が「スベってるぽいところで笑っちゃいました」と話すと現場はさらに爆笑に包まれた。

 番組後半では、4組中3組が笑いを取る中、千鳥が漫才を披露することに。おなじみの“クセの強い”漫才をスタートさせるが、一向に笑いが起きず「本格スベりになるよ!」とノブがツッコむと、そこで藤田社長が爆笑。「長く見たいから我慢してたんだけど」と笑わなかった理由を明かした。

 全組が藤田社長を笑わせることに成功するという番組史上初の快挙に、藤田社長は「笑っちゃったね。我慢しようと思ってたんだけど」と。大悟が「別にこういう場じゃなくても飲みの時とか呼んでくれたらすぐ漫才を…」と言うと、「プライドないんかお前!」と、ノブがすかさずツッコみ、現場は大爆笑。

 さらに「来年はもっとこの番組を飛躍させたいですね」という藤田社長の言葉に、千鳥とスタッフから歓声が上がり、現場はさらなる盛り上がりを見せた。

『チャンスの時間』
放送日:11月20日(火)深0時~1時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:千鳥
ゲスト:三四郎、川原ひろし、藤田晋、瀧山あかね
進行:西澤由夏

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9sT4T2Fy7SedXD

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える