• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中村紀洋から夢の三振を奪いたい!ディレクターが“ピンポン野球”で真剣勝負を挑む

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 秋元康が若手ディレクターの育成を目的に企画監修を務めるテレビ朝日系『EXD44』((日)深0・55ほか)。11月25日放送では、元プロ野球選手の中村紀洋にディレクターが勝負を挑む。

 中村は現役時代、ホームラン王にも輝いた名スラッガー。豪快なスイングで「Mr.フルスイング」の異名をとり、ホームランを打った後、バットを高々と放り投げるパフォーマンスでも知られた。そんな中村に「僕と対決してください」とオファーしたのが、入社7年目のディレクター。大学時代、野球部でエースピッチャーとして活躍するもプロにはなれず、テレビ朝日へ入社。夢は「憧れのプロ野球選手から三振を奪うこと」で、もうかなわないとあきらめていたが、“ある方法”でなら三振を奪えるかもしれないと思い立ち、中村からも「OK」の返事をもらったという。

 その方法とは、ピンポン球を使用する“ピンポン野球”。「テレビの面白い企画は思いつかないが、野球センスはある」というディレクターは、ピンポン野球の最強投手コーチを呼んで本業そっちのけで猛練習。勝負球となる変化球を習得するが、果たして三振を奪えるのか…!?

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真