• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡崎体育が斎藤工主演『麻雀放浪記2020』に出演「憎らし&愛らしフェイスがスクリーンに」

『麻雀放浪記2020』 2019年4月5日(金)公開の映画『麻雀放浪記2020』に、映画完全オリジナルキャラクター・ドク役で岡崎体育が出演していることが分かった。

 本作は、不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」を、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジする。

 主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー“坊や哲“を演じる。メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)などを手掛けた白石和彌。

 2020年、新たな「戦後」、東京オリンピックが中止の“未来”。主人公・坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子。そのドテ子の熱烈なファンであるオタクテロリスト・ドクを、岡崎体育が演じる。

<岡﨑体育(ドク)コメント>
ついに岡崎体育の憎らし&愛らしフェイスが劇場のスクリーンに映し出されるときが来ました。今後の僕の宿題として、アカデミー賞の新人賞にノミネートされたけど受賞には至らず、受賞された俳優さんに少し悔しさの見え隠れがある笑顔で賛辞を送るやつの練習しときます。

<白石和彌監督 コメント>
岡崎体育さんの独自の世界観が好きでお願いしたのですが大正解でした。これからお芝居の仕事が増えるんだろうなと思います。

『麻雀放浪記2020』
2019年4月5日(金)全国ロードショー

<ストーリー>
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。人口は減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…。嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工 もも(チャラン・ポ・ランタン) 岡崎体育 ベッキー/竹中直人 ほか
監督:白石和彌

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える