• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢田亜希子、山本舞香が錦戸亮主演『トレース』第5話にゲスト出演

『トレース~科捜研の男~』
 錦戸亮主演の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』の第5話(2月4日放送)に、矢田亜希子と山本舞香がゲスト出演することが決定した。

 矢田月9ドラマに出演するのは『SUITS/スーツ』(2018年10月期)から2作連続。錦戸とは初共演となる。

 矢田が演じるのは、18年前に幼い娘・ユウを誘拐された母親・島本彩花。事件発生当時、犯人の求めに応じて身代金を支払ったものの、娘のユウは行方不明のままで、いまも娘を探し続ける母を演じる。

『トレース~科捜研の男~』
 また、矢田が演じる彩花の娘・ユウを山本舞香が演じる。山本はこれが月9初出演となる。

 そのほか、第5話には、山中聡、安藤玉恵、滝沢沙織、石垣佑磨らがゲスト出演するさい。

<矢田亜希子 コメント>
◆出演が決まった感想を
「今までの月9とは違い、本格派サスペンスなので楽しみでした」

◆娘を誘拐された彩花を演じる上で心がけたこと、役作り等があれば教えてください
「18年前の事件から、彩花がこの18年という月日をどのように過ごしてきたかを考え、想像しながら演じました」

◆初共演となる錦戸さんの印象は
「(撮影は)1日しか一緒ではなかったですが、とても明るい印象で楽しかったです」

◆撮影の手応え、感想は
「短期間で壮絶な人生を演じることができたと思います」

◆見どころ・メッセージを
「ヘビーな内容になりますが、最後の最後にはホッとなごんでいただけたらいいなと思います」

<山本舞香 コメント>
◆月9ドラマ初出演について
「呼んでいただけたことに、最初は驚きましたがすごくうれしかったです」

◆今回演じたユウについて
「小さい時からいろんな経験をしてきているのですが、そこは表現されてない分バックボーンとして想像でお芝居をするのがすごく難しかったです。監督と話し合いながら撮影させていただきました」

◆見どころ・メッセージを
「ユウの真実や葛藤いろんな目線で観ていただきたいです。そして家族の大切さを皆様に届けられたらと思います」

<第5話あらすじ>
科捜研の真野(錦戸亮)の元に、捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)から鑑定依頼が届く。黒鷹山の山道付近でスナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)の遺体が発見され、遺体の周辺からは、海東とは違う人物の毛髪が見つかったという。ノンナ(新木優子)はこの毛髪のDNA鑑定を行い、それが18年前に誘拐されそのまま行方不明になった女児のものであることが判明。この事件は18年前、母親の島本彩花(矢田亜希子)が目を離した隙に、娘・ユウが誘拐されたもので、彩花と父親の彰(山中聡)は身代金を届けたものの、ユウは見つからず、代わりに誘拐犯と思われる神崎徹(石垣佑磨)の遺体が発見された。
今回の鑑定結果を受け、虎丸は今も娘の行方を捜している彩花たちに事情を伝え、協力を要請する。

『トレース~科捜研の男~』
TBS系
第5話 2月4日(月)午後9時~9時54分

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える