• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

井ノ原快彦が“宇宙の街”ヒューストンで最先端の宇宙探査の世界を取材

©TBS

©TBS

 3月13日(水)放送の特別番組『宇宙プロジェクト』(仮)(TBS系)で、井ノ原快彦がアメリカで体当たりロケを敢行した。

 この番組は、昨年3月に放送した『池上彰と宇宙の旅2018』の第2弾。井ノ原は、今回も池上彰と共にMCを務めるほか、アメリカの“宇宙の街”テキサス州ヒューストンへ飛び、最先端の宇宙探査の世界を取材し、レポートする。

 1969年にアポロ11号が月面着陸に成功してから50年。昨今、民間による月旅行計画や、NASAの有人火星探査計画が発表されるなど、“宇宙への旅”に注目が集まっている。「なぜ人類は宇宙を目指すのか?」そんな謎を解き明かすべく、井ノ原は一人の少女を訪ねる。NASAも認めるスーパー女子高生として全世界から注目を集める、17歳のアリッサ・カーソンさんだ。

 アリッサ・カーソンさんは、人類初の火星到達を目指して日々トレーニングに励んでいるスーパー女子高生。既に高校生・大学生向けの宇宙飛行士プログラムのアドバンスコースを修了し、4か国語を習得。そんなアリッサさんの案内で、井ノ原はNASAのヒューストン宇宙センターへ。

 そこで目にしたのは、着々と進む火星探査への取り組みと、現実味を帯びてきた火星移住計画だった。火星で暮らす数々のメリットについて説明を受けると、井ノ原も火星移住に興味津々だ。さらにアリッサさんの宇宙や火星探査への熱い想いに迫る。

 さらに井ノ原は、普段アリッサさんが行っているという訓練を体験。過酷な訓練一つひとつには、宇宙から無事に生還するための大切な理由があるという。昨年放送の番組で無重力は体験済みの井ノ原だが、果たして今回の訓練は乗り越えられるのか!?

 そしてアリッサさんのお父さんにも対面。宇宙飛行士になるという夢を応援している彼だが、何が起こるか分からない場所だけに、娘のことが心配でないはずがない。そんな彼の話を聞いた井ノ原は何を感じ、何を語るのかにも注目だ。

<井ノ原快彦コメント>
アメリカに来てみて、NASAが火星に行くことに取り組んでいることが分かりましたし、きっと本当に行くことができるだろうなと実感しました。
素晴らしいと思ったのは、次世代の子供たちを本気で育てようとしていることです。それも、ただ勉強するのではなく、体験施設などでまずは遊びから入ることができる。それで、子供が興味を持って本格的に取り組むようになれば、実現を手助けする準備は整っているという印象を持ちました。今回のロケで出会ったアリッサが先陣をきって、その後にまた次の世代の子供たちが行って、入れ替わり立ち替わり挑戦することで火星に住めるというところまでいくのではないかと思います。
アメリカに来るまでは全く想像もつきませんでしたが、そういう未来を想像できたということが何より今回のロケの一番の収穫だと思います。それをこの番組を通して、皆さんに届けることができたらいいなと思います。

特別番組『宇宙プロジェクト』(仮)
TBS系
3月13日(水)後8・00~10・00

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える