• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「ソローキンの見た桜」新場面写真&斎藤工のコメント到着

映画「ソローキンの見た桜」
 3月22日(金)公開の映画「ソローキンの見た桜」から、ロシアロケでの場面写真が解禁され、斎藤工のコメントも到着した。

 日露合作プロジェクトとなる本作は、日本で初めてロシア兵捕虜収容所が設けられた愛媛県の松山を舞台に、運命的に出会ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動のドラマ。

 主演の日本人看護師役を阿部純子が演じ、斎藤工、イッセー尾形、ロシアからロデオン・ガリュチェンコ、アレクサンドル・ドモガロフが出演する。監督は、初長編作を自主制作ながらロシア人俳優を起用してロシアで撮影し、話題を呼んだ新鋭・井上雅貴。

 解禁されたのは、自らのルーツがロシアにあることを知った桜子が、仕事の取材で斎藤工が演じる先輩の倉田と共にロシアを訪れる姿。二人がこれまで追いかけてきたロシア兵と日本人看護師、二人の日記から、真実を知ることになる重要なシーンとなっている。

<斎藤工コメント>
井上監督がソクーロフの現場を学ばれたと言う事も勿論ですが、監督とロシアの関係性はとても特異的なものだと『レミニセンティア』を観て強く感じました。日本人監督にしか撮れない景色と言うよりはロシア人の奥様と二つの祖国を持ったお嬢さんがいらっしゃる井上監督にしか撮れない景色。
この『ソローキンの見た桜』は監督が撮るべくして撮られたのでは無いかと思います。
私はロシアがメインでしたがロシアロケでのロシアチームは皆才能に溢れ博学で優しくて仕事がし易かった。
素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。
とにかく美しい物語で美しい映像に酔い痴れて頂きたいです。
また“国家間”での戦争に翻弄されながらも松山にて“個人”として互いのアイデンティティを尊重し合った日露の人々の心の美しさは満開の桜に匹敵する華やかさがあります。
この作品で心のお花見を堪能されて頂けたら幸いです。

「ソローキンの見た桜」
3月16日(土)愛媛県先行ロードショー
3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

監督・脚本・編集:井上雅貴
出演:阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演)、アレクサンドル・ドモガロフ、六平直政
海老瀬はな、戒田節子、山本修夢、藤野詩音、宇田恵菜、井上奈々、杉作J太郎
斎藤工、イッセー尾形

公式サイト:https://sorokin-movie.com/
公式Twitter:@sorokin_movie

配給:KADOKAWA

©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える