• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『科捜研の女』出演の長田成哉が『トレース』第9話にゲスト出演

『トレース~科捜研の男~』
 錦戸亮主演の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』の第9話(3月4日放送)に、長田成哉がゲスト出演することが分かった。

 長田は『科捜研の女』(テレビ朝日系)に2011年から5年間出演し、空気が読めないものの、憎めない物理担当の研究員・相馬を演じた。

 今回、長田が演じるのは、アパートで変わり果てた姿で見つかった胡桃沢綾乃(美山加恋)の同僚で婚約者・関口章太郎。虎丸刑事(船越英一郎)から、綾乃について話を聞かれるという役どころだ。

<長田成哉 コメント>
◆トレースはご覧いただいていますか?

「はい、見ています!もともと原作を読んでいて、好きな漫画だったんです。ドラマ化するんじゃないかな?と思っていたんです。ドラマもすごくいいですよね。僕も“科捜研”でしたから(笑)。『トレース』も鑑定をして事件の真相を究明するというドラマで、よく作り込まれていると思います」

◆お気に入りのキャラクターはいますか?

「船越さんが演じられている虎丸ですね。共演して、やっぱりすごくかっこいいなと思いました。革のコートをきて船越さんが立っていると、存在感が半端ないなって思いましたよ!」

◆『科捜研の女』に5年出演され、今回は科捜研の“男”ですが、出演のオファーを受けた時は

「えっ!?と思いましたね(笑)。どうしたものかなと思ったんですけど(笑)。『科捜研の女』と物語は全く別のドラマですが、タイトルを聞いたときはドキッとしました(笑)。科捜研の男かーと(笑)」

◆周りの方から反応はありましたか?

「実は、『トレース』に出演が決まる随分前から、友人から“科捜研の男に出ないの?”とは言われていました、冗談で(笑)」

◆『科捜研の女』の出演者からは?

「いや、まだお話していないので(笑)。ちょっとビビってますけど(笑)。でも幸い、今回は少し役柄が違いますからね」

◆今回は研究員ではなく会社員という役どころですが

「僕はこれまでずっと調べていたほうなので、今回はすごく難しかったです。撮影していると、これを調べれば真実が分かるな…と思ったりもしました(笑)。やっぱりどうやったって僕はあの『科捜研の女』は切り離せないんだなと思っちゃいました」

<第9話あらすじ>
真野(錦戸亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、姉・仁美(夏子)に関する情報を聞く。早川によれば、当時、仁美に交際相手がいたかどうかは分からなかったという。事件解決の糸口を見つけられずに憤る真野。仕事帰りのノンナ(新木優子)は、偶然2人の姿を目撃するが…。

 虎丸(船越英一郎)は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃(美山加恋)の事件を捜査する。死因は脳挫傷で、凶器は見つかっていなかった。また、頬には引っかき傷もついていた。被害者の携帯電話に残っていた指紋などから被疑者として浮上したのは富樫康太(和田正人)。富樫は、かつて綾乃と交際していたが、傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。

 7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職した。だが、その企業は暴力団とつながりがあり、悪質な事業をしていた。半ば脅されるような形で仕事を続けざるを得なかった富樫は、利権を争う相手から暴行を受けた際に、相手を刺してしまったのだ。実はその事件で富樫を逮捕したのは虎丸だった。綾乃には、関口章太郎(長田成哉)という婚約者がいたことから、事件は痴情のもつれが原因とも思われた。

 鑑定を行った真野は、着衣にバラの花粉が付着していることを報告した。ほどなく、事件当夜に富樫がバラを購入していたことも判明する。それでも富樫の犯行だと信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ない」と言い放つ。

『トレース~科捜研の男~』
フジテレビ系
第9話 3月4日(月)後9時~9時54分

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/
公式Twitter:@Trace_Kasouken
公式Instagram:@trace_kasouken

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える