• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

実写版「アラジン」山寺宏一がW・スミス演じるジーニーを吹き替え!日本語版予告解禁

「アラジン」
 6月7日(金)より全国公開される実写映画「アラジン」の魔人ジーニー役の吹き替えが山寺宏一に決定。これに合わせ、日本語版予告映像とポスタービジュアルも解禁された。

 本作は、貧しいアラジンと自由に憧れる美しい王女ジャスミンの身分の違う二人の運命的な恋、そして、願いをかなえてくれる魔法のランプをめぐる冒険を描く、ディズニー作品の中でも絶大な人気を誇るアニメの実写映画。

 魔法のランプをこすると登場する、愉快で忠実、そして主人公アラジンの良き友人となる魔人ジーニーは、映画「アラジン」のコミカルな側面の魅力を担う超人気キャラクター。実写版ではウィル・スミスが演じるジーニーに、声優・山寺宏一が新たに命を吹きこむ。

 公開された日本語版予告では「さあ、3つの願いを!」という作品を象徴するせりふのほか、「ショータイム!!」という楽しさを予感させる掛け声、主人公アラジンがジャスミンに手をさしのべて語りかける「僕を信じて」という重要なせりふなど、名シーンが詰まった日本語版予告となっている。

 ジーニー役の日本語版声優に決定した山寺は、アニメーション「アラジン」のジーニー役だけでなく、『インデペンデンス・デイ』(96)など多くの作品でウィル・スミスの吹き替えを担当したことでもおなじみ。山寺はジーニーについて「いとおしいくらい大切で特別な存在です。僕を声優として成長させてくれたのも、『声優って難しいけど、最高に楽しい!』と思わせてくれたのもジーニーです。オリジナルのロビン・ウィリアムズに心から感謝しています」と語った。

 思い入れが深いキャラクターだけに“自分に話が来なかったらどうしよう”と不安もあったという山寺だが「(ウィル・スミスは)過去に吹き替えした事あるぞ。自分にジーニーが回ってくる確率上がったかも!“という気持ちが強かったです(笑)」とジーニーのようにコミカルなコメントも寄せた。

 インターネット上での“ジーニーには山寺さんしかいない!”という熱い声についても「そういうご意見のおかげもあって、今回演じさせていただく事になったのかなと思っています。きっと“これぞ最高のエンタテインメント!”という素晴らしい作品になると確信しています。吹替版でもそれがしっかりと伝わるよう、出演声優の1人として全力を尽くします!ご期待ください!」と語っている。

「アラジン」
6月7日(金)全国公開

監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン

出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真