• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

和田正人「国民に愛される時代劇になれば」『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』4・6スタート

『土曜ドラマ9「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」』
 4月6日(土)スタートの『土曜ドラマ9「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」』(BSテレ東)の記者会見が行われ、和田正人、松尾諭、竹中直人が登壇した。

 本作は“弥次さん喜多さん”で知られる、江戸時代最大のベストセラー小説「東海道中膝栗毛」を原案にドラマ化。おバカで愉快な弥次さんと喜多さんのドタバタ珍道中を描く。

 元役者のお調子者・喜多八を演じる和田は「いよいよ作品の封が切られるということですごくうれしいですし、やっと“弥次さん、喜多さん”の旅が始まるのかな」とあいさつ。続けて「僕が小さいころ、昭和の時代劇といえば『水戸黄門』というイメージが強く、この作品も同じように国民に愛される時代劇になれたら」と語った。

 芸術家気取りのエロおやじ弥次郎兵衛を演じる松尾は「会見として話すとあらたまった感じがしますが…ふざけたドラマです(笑)」とあいさつし、会場を笑いに包んだ。「僕らは根がふざけているのですが、できる限り一生懸命ふざけました。力を抜いて見ていただきたいですが、作業しながらではなく一生懸命見ていただきたい」と。

 そんな二人の珍道中を見守る、十返舎一九役の竹中は「過去、何度か作家の役はやりましたが、十返舎一九は初めてなのでうれしかったですし、“やじきた”もいつか自分が監督で映画化したいと思っていたので、ドラマとして携われてうれしい」と笑顔。

 喜多さんと弥次さんの友情も描かれ、“相棒(ブロマンス)時代劇”と謳っている本作。それぞれの相棒について聞かれ「以前、ご一緒させていただいたときから松尾さんとは飲みに行く間柄だったので、すんなり作品に入れました」と、最初から息が合っていたことを明かした和田。しかし、不満に思うこともあったようで、「京都の撮影所で撮っていたので、朝から晩まで松尾さんと一緒のことが多くて。相棒としては心地よかったんですが、いつも朝10時ぐらいに『お昼どうする?』って聞いてくるので、それに付き合うのがしんどかったですね」と。

 それを聞いた松尾は、ショックを受けた表情で「和田君も僕もタイプが似ているというか、人付き合いが好きでお昼も夜も誰かと食べたいタイプだろうなと思って、よかれと思って誘っていたのに…」と。続けて「今、初めて聞いて…ちょっと時間ください」と落ち込む松尾に和田が「今日も飲み行こう!(笑)」と誘うも「昨日も行ったやろ!」とツッコみ、仲のよさをうかがわせた。

 竹中の相棒は、劇中で登場するモルモットの大福。ここで、京都から駆け付けた大福が登場すると、竹中は「ありがとう!わざわざ来てくれたんだね」と大喜び。「大福は本当にいい子で、撮影でもじっとしてくれていたし、いい方向を見てくれていたんです」と撮影の様子を明かすと、竹中は大福に近づき「ん?竹中君がとっても優しくて、いっぱいかわいがってくれて、楽しい現場でした!」と代弁する場面も。

 最後に、和田が「皆さんの応援次第では、2人の旅路が続く可能性もあったりなかったり…。笑えて時に泣けて、救いがあるのかないのか分からない友情珍道中になっています。一人でも多くの人に愛されて、育んでもらえるような作品になれるよう、ぜひ応援よろしくお願いします!」とメッセージを送った。

『土曜ドラマ9「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」』
4月6日(土)スタート
BSテレ東
毎週(土)後9・00~9・54

原案:十返舎一九(東海道中膝栗毛)
脚本:池田政之、山﨑哲史ほか
監督:西片友樹、六車雅宣
出演:和田正人、松尾諭、竹中直人ほか
案内人/語り:瀧川鯉斗

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える