• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『インハンド』原作者・朱戸アオが“紐倉研究所”を初訪問、山下智久らを激励

©TBS

©TBS

 山下智久主演の金曜ドラマ『インハンド』(TBS系)の原作者・朱戸アオが紐倉研究所のセットを初訪問、山下らキャスト陣を激励した。

 本作は、山下演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲と濱田岳演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の凸凹トリオが、科学が巻き起こすさまざまな事件を爽快に解決していくヒューマンサイエンスミステリー。

 先日、原作者の朱戸アオが紐倉研究所のセットを初訪問し、山下らキャスト陣を激励した。クランクイン前に朱戸と山下、濱田、菜々緒の4人で取材を受けたことはあったが、撮影が始まってから朱戸と3人が対面するのはこの日が初。

 初めて足を踏み入れた“紐倉研究所”に朱戸は「すごい…」と感激の様子で、「実際の研究者の方々にとっても、ここは“夢”の空間らしいです」と反響を伝えると、山下も「こうしてプライベートな空間で研究所を持てる人は、そうそういないんですね」と感心。朱戸の「紐倉はお金持ちでいらっしゃるので」の言葉で現場は笑いに包まれた。

 また本作の見どころのひとつである“動物との共演シーン”について朱戸が尋ねると、山下は「サモンくん(白い犬)は言うことを聞いてくれるんですけど、蛇やイグアナたちは全然言うことを聞いてくれなくて(笑)」と笑い交じりに苦労を明かした。

 紐倉が肩に大きなインコ、膝にイグアナを乗せ、足元には犬とカメ2匹…とたくさんの動物たちと共演し、話題となった3話のシーンについて朱戸は、「原作にも出てくるシーンで、私にとってもお気に入りの場面。再現していただけてすごくうれしかったです」と感謝を伝えた。

 さらにドラマを「一視聴者として楽しく見ている」という朱戸は「紐倉、高家、牧野の3人の掛け合いが本当にいい感じで、3人のバランスがとてもいいなと思っています」と太鼓判。これには3人も「うれしいです!」と笑顔。

 さらに朱戸は「家族や恋人など親愛の情を持つと出るという“オキシトシン”というホルモンがあるのですが、私は第1話を見た時からこのドラマに対して完全にそれが出ています!(笑)」とサイエンスミステリーの原作者ならではの感想で笑わせた。

 最後は、紐倉の飼い犬として出演している犬のサモンも一緒に記念撮影。朱戸は「今後も体に気を付けて撮影頑張ってください。最終回まで楽しみにしています!」と3人を労い、激励した。

©TBS

©TBS

金曜ドラマ『インハンド』
TBS系
毎週金曜 後10・00~10・54

<第5話(5月10日(金)放送)あらすじ>
紐倉(山下智久)は、自殺した元助手・入谷(松下優也)との記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた助手の高家(濱田岳)は治療を勧めるが、紐倉はついきつく当たってしまう。
一方で、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには「危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?」「助手が謎の自殺!」など気になる記述が…。
そんな中、牧野が勤める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がっていた。紐倉の疑わしい過去についてきちんと調べる必要があると思った牧野は、独自にある会社の情報を手に入れる。それは最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功している「フューチャージーン」という会社で、CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山(時任三郎)だった。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。
福山の口から語られた紐倉の想像を絶する哀しい過去とは…。ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える