• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

前田敦子が出産後テレビ初仕事!巨大母子病院の密着ドキュメンタリーでナビゲーターに

『エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院~小さな命を救う女性たち』 日本テレビが5月12日(日)の“母の日”に放送する看護師ドキュメンタリー番組『エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院~小さな命を救う女性たち』で、先日第一子を出産し母になったばかりの前田敦子がナビゲーターを務める。

 前田はこれまで取材対応などでのテレビ出演はあったものの、この仕事が出産後、事実上のテレビ初仕事。番組では母になった自らの経験にも触れながら、ハイリスク出産で出会った命の奇跡や、病に負けず力強く生きる子供たちの姿を母の愛情あふれるナレーションで描き出す。

 舞台となるのは、東京・世田谷にある国立成育医療研究センター。全国から救いを求めて母子が集まってくるこの病院で、患者と一番近くで向き合い、寄り添う看護師、助産師に密着する。

<番組内容>
「リスクの高い妊婦が集まる病院の助産師に密着」
今、少子化の一方で、リスクの高い出産が増加していると言われている。妊娠高血圧症候群を患い、赤ちゃんの成長も遅れているという妊婦さん。国指定の難病をもち、他の病院で出産を断られ転院してきた妊婦さんなど、彼女たちが無事に出産することができるのか?妊婦に寄り添いながら、常にさまざまなリスクを想定し、回避し、お産の最前線に立ち会う助産師たちに密着する。

「小児生体肝移植の手術数で世界一を誇る病院の看護師に密着」
移植手術は治療の「最後の砦」。我が子の命を救いたいと最後の望みをかけてここを訪ねる人たちばかり。緊急入院してきた生後5か月の赤ちゃんに、肝臓を提供するドナーは父親。果たして移植手術は成功するのか…。いっぽう、黄疸による肌の色に悩む9歳の女の子は、自ら肝臓の移植手術を決断。手術後、たくさんの点滴をしながらリハビリに励む姿を追う。移植は手術に注目されがちだが、最も大事なのは術前術後の子供とその家族のケア。その重責を担う看護師に密着する。

<前田敦子 コメント>
◆巨大母子病院の密着ドキュメンタリーの番組ナビゲーターを務めていかがでしたか?

私も子供が無事に生まれるまで不安で仕方なくて、ひとつの命を産むのって、本当に奇跡だなと改めて思いました。自分の出産を経験したことで、あらためて命の重さに感動しました。

◆出産後、初のテレビ仕事復帰となりますが、出演依頼が来た時にどう思いましたか?

うれしかったです。自分が出産していなかったら、きっとできなかったお仕事だと思います。感情移入して、収録現場で泣いちゃうかもしれないと思って、先に資料くださいってお願いしちゃいました。

◆これから、どんどんお仕事をされていくと思いますが…

わが子が元気にしてくれるからこそ、私も早く復帰したいと思えました。早く仕事したいと言えているのも幸せですよね。自分の幸せにあらためて気づくことができました。全部子供のおかげです。

サンバリュ『エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院~小さな命を救う女性たち』
日本テレビ(関東ローカル)
5月12日(日)後1・15~2・15放送

ナビゲーター:前田敦子

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真