• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

京都出身・吉岡里帆が『○○発東京行き』ナレーションを担当!5・26放送

吉岡里帆 5月26日(日)放送の『○○発東京行き2019春』(カンテレ・フジテレビ系)で、吉岡里帆がナレーションを担当することが決定した。

『○○発東京行き』は、“出会いと別れの季節”に全国各地のターミナルから東京へ向かう人に番組スタッフが密着・同行。その先で起こる人間ドラマを見届けるドキュメント・バラエティー。待望の第3弾となる今回は、北海道の稚内空港、JR大阪駅の高速バス専用ターミナル、日本唯一の夜行列車「サンライズ出雲」、小笠原諸島のフェリー乗り場など、850人に取材を実施した。

 そして、ナレーションを担当する吉岡も、女優を目指して出身地の京都から何度も東京へ通っていた経験を持つ。放送に先駆けて、2015年に東京へ拠点を移した当時の気持ちを「大きく決断できたのは、手が届きそうで届かない、あの遠い感じが背中を押してくれた」からと振り返った吉岡は「やりたいことに、真っすぐ一緒に頑張っていきましょう!」と、上京を目指す人に熱いメッセージを送った。

 また、『○○発東京行き 2019春』の番外編(関西ローカル)が6月2日(日)深夜1時より放送されることが決定。ナレーションは、5月26日放送回でゲストとして出演する鳥取出身・山本舞香が担当する。

<吉岡里帆 コメント>
◆京都での芸能活動から、東京へ拠点を移された際のエピソードは何かありますか。

 京都の小劇場も学生映画もすごく大好きで、地元だと友達がたくさんいるので、友達と一緒にずっとこうやって活動を続けられたら楽しいだろうなと、当時思っていました。でも、東京のオーディションを受けたり、作品が決まったりして、板挟み状態と言いますか…。だから大きく決断ができたのは、東京への“憧れ”のおかげかなと思っています。映画館に行って、劇場で見る役者さんたちを、羨望のまなざしで見ていましたし、オーディションなどで東京へ通うたびに、東京の街がネオンですごくキラキラしていて。手が届きそうで届かないあの遠い感じが、「やっぱり上京してみたいな」と背中を押してくれた気がします。

◆吉岡さんにとってズバリ「東京」とは?

「夢を持ち続けている人が住んでいる街」ですね。

◆上京を考えている人や、番組を楽しみにしている視聴者へメッセージをお願いします

 私も何とか東京で生活できていますし、友達もできます。挑戦しないより、絶対に挑戦した方がいいです。やりたいことに、真っすぐ一緒に、頑張っていきましょう!

『○○発東京行き2019春』
カンテレ・フジテレビ系(※一部地域を除く)
5月26日(日)後4時05分~5時20分

出演者:陣内智則、秋野暢子、中山秀征、山本舞香、吉村崇
語り:吉岡里帆

©カンテレ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える