• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

稲垣吾郎が蒼井優を祝福「山ちゃんカッコいい!」

映画「海獣の子供」初日舞台あいさつ アニメーション映画「海獣の子供」初日舞台あいさつに、声優を務めた芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎、渡辺歩監督が登壇した。

 本作は、大海原を舞台に、14歳の少女・琉花と、ジュゴンに育てられた2人の兄弟のひと夏の出会いを描いた五十嵐大介の同名漫画をSTUDIO4℃が映像化。音楽を久石譲、主題歌を米津玄師が手掛けている。

 主人公の琉花を演じた芦田は、「等身大の14歳の役で、本当に感じたままに演じさせていただきました。1つひとつのシーンごとに琉花と向き合って、こだわって演じられました」とあいさつ。

 琉花の父・正明を演じた稲垣は、アフレコ中にほかの3人に会えなかったことを明かし「僕ぐらい売れっ子になっちゃうと1人でブースに入るので(笑)」と冗談めかして会場を笑わせつつ「3人に会うのが初めてなので、映画の中の空と海と娘に会えた感じがして、うれしいです」と初対面を喜んだ。

 また、演じた正明の作画が自身に似ていることに触れ、「物語が結構事件性を帯びてきても、あのお父さんひょうひょうとしてるんです。そういうところも僕をイメージしてるのかな」と語り、会場を沸かせた。

 さらに、劇中で稲垣と夫婦役を演じた蒼井優が山里亮太と結婚したことが話題になるひと幕も。「今日は(蒼井は)いらっしゃらないんですか?この後も出てこない?」ととぼけながらも、「映画の中では疑似夫婦体験に酔いしれてたんですけど、あのニュースが飛び込んできまして(笑)。僕、山ちゃん(山里)にはお世話になっていますし、大好きなので、お似合いの二人だと思いますし、会見を見て、山ちゃんカッコいいなと思いました。末永く二人の幸せをお祈り申し上げます」と祝福し「山ちゃんにも見ていただきたいですね」と笑顔を見せた。

 映画「海獣の子供」は公開中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える