• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

女優・筒井真理子が映画「淵に立つ」で女優賞三冠の偉業を達成!

97712_01 映画「淵に立つ」に出演する筒井真理子が、第71回毎日映画コンクールで女優主演賞を受賞した。今回の受賞で、筒井はヨコハマ映画祭、高崎映画祭に続き三冠を獲得する偉業を達成した。

毎日映画コンクールは、1946年に創設された、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社が主催する、国内で最も権威と実績、歴史ある映画賞。毎年、作品・俳優・スタッフなどの多様な賞を選考している同コンクールの授賞式には多くの俳優や監督が出席することでも有名で、映画関係者から親しまれている。

今回、筒井が女優主演賞を受賞した映画「淵に立つ」は、「歓待」「ほとりの朔子」「さようなら」など話題作を世に出し続け、本作で小説家デビューも決定した深田晃司が監督を務め、圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す衝撃作。また、製作チームには国内外で大ヒットした映画「あん」の主要メンバーが再集結し、フランス(COMME DES CINEMAS)と共同制作が行われた。
2016年10月8日に公開初日を迎え、いまだにムーブオーバー上映が続いている本作。すでにフランスでの上映も始まり、今後もアメリカやイギリスをはじめ、中国、タイなど世界20か国以上で上映されることが決定している。

<作品概要>
郊外で小さな工場を営む夫婦とその一人娘。ある日、夫の古い知人だという男がやって来て、奇妙な共同生活が始まるが、やがて男は残酷な爪痕を残して去っていく…。

監督・脚本・編集:深田晃司
出演:浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治

公式サイト:http://fuchi-movie.com/

©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える