• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『Ray』単独表紙のE-girls・佐藤晴美、撮影前夜は「緊張でほとんど眠れず…」

佐藤晴美

佐藤晴美

 女性ボーカル&ダンスユニット・E-girls、Flowerのメンバーでモデルとしても活躍する佐藤晴美が、ファッション誌『Ray』3月号(1月23日発売)で自身初の初表紙を飾ることが分かった。

 念願の初表紙に「あぁ、撮影日が来る~」と毎日胸を高鳴らせていたという佐藤は、撮影前日は緊張で3時間しか寝られなかったという。カバーガールの「ハダカのはるお」企画では、表紙撮影について『やっぱりすごい不安でした!でも同時にすごく楽しかったです!』『念願だったカバーを飾ることができて、モデルを始めてから目標にしていたことがまた1つ叶いました』と正直な思いを語るとともに、モデルとして、パフォーマーとして素の部分に迫るロングインタビューに答えた。

 また、佐藤が“理想のカレ像”について語るほか、Dream Ami、Happiness SAYAKA、Flowerの中島美央、武部柚那、石井杏奈らE-girlsのメンバーがゲストで登場。仲間だからこそ分かるエピソードを交えて明かしている。

■佐藤晴美コメント
「初めて単独での表紙が決まったときは、夢の1つが叶った瞬間でもあったので本当にうれしかったです!それと同時に責任感や、そこから生まれる不安も、もちろんすごくありますが、たくさんの方に手に取っていただけるように、気持ちを込めて撮影しましたので、ぜひ多くの方に届いてほしいです。表紙だけでなく中ページも、編集部の方とこだわりながら撮っていただいたので、いつも『Ray』で見せている感じとはまた違うファッションだったり表情だったりが出ていると思うので、楽しみにしていただきたいです」

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える