• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高橋一生インタビュー「いかに“内に秘めたるもの”を感じてもらえるか」大河ドラマ『おんな城主 直虎』

高橋一生インタビュー「いかに“内に秘めたるもの”を感じてもらえるか」大河ドラマ『おんな城主 直虎』

戦国時代、女性の身でありながら井伊家を取り仕切った当主・直虎(柴咲コウ)の生涯を描く大河ドラマ『おんな城主 直虎』。物語中盤では家中の実権をめぐる直虎と重臣・小野政次(高橋一生)の対立が繰り広げられていく。『カルテット』『民王』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など、数々のドラマで立て続けにキーパーソンを演じ注目を浴びている高橋一生さんが、撮影の感想と今の自身について語ってくれた。

高橋一生インタビュー

◆ここまでの撮影を振り返っていかがですか?

『おんな城主 直虎』に出てくる人は誰もが大切な何かを守ろうとしている、と感じています。直虎(柴咲コウ)や井伊の人たちはもちろん、彼らを配下に収めている今川家の人もそれぞれ思うところがあって。誰の立場から見るかで物語の解釈が変わるし、単一的な善悪二元論では語れないんです。改めて人間は業の深い生き物だと思うし、露骨に人を裏切ったりしなくていい現代に生きていることの幸せを噛み締めています。

◆数多くの登場人物の中でも、井伊の家老であり、彼らを監視する今川家の目付でもある小野政次の立場は最も複雑だと思います。

難しい立場だと思います。井伊家の中ではどこか疎まれ、またある意味、幼なじみの直親(三浦春馬)を殺した今川家に思うところもあるけれども、政治的には渡り合っていかなくてはいけなくて。その結果、表と裏、本音と建前が入り混じる生き方をしなければならない。ただ面白いのが、政次は本来なら頭の切れる人のはずなのに、直虎に対してだけはどこかもろさをさらけ出してしまうんです。そこが人間らしくて素敵です。森下(佳子)さんの脚本は直虎に対するたった1つの言葉遣いの変化でそこを描いているので、しっかり意図を汲んで演じなければと思っています。

◆森下さんの脚本の魅力はどんなところにあると感じていますか?

せりふのやり取りが緻密なところです。僕は割とどんな作品でも自分の役に没入して脚本を読むんですが、『おんな城主 直虎』はそれ以前に読み物として純粋に面白いんです。どんどん先が気になって読みたくなる、そんな魔法的な力のある脚本だと思います。

◆政次の直虎に対する感情をどう捉えて演じているんですか?

あまり僕が語ってしまうと見る人の邪魔になるので避けたいんですけれど、幼なじみの感覚が色濃く残っていることは言えると思います。直虎がおとわ(直虎の幼名)の距離感で来てしまうと、どうしても政次も鶴丸(政次の幼名)として受けてしまう。きっと政次もそんな自分に戸惑うことがあるんでしょう。この作品は子供時代がしっかり描かれていたので、見てくださる方も直虎や政次の根っこにある感情や井伊の里の人間関係を踏まえて物語に入り込めるんだと思います。

◆2人の関係性を演じる上で、大事にしていることはありますか?

どんな作品にも言えることですけれど、“間”や呼吸を大事にしています。歌舞伎の世界で拍子木と拍子木が鳴る間合いのように、その音と音の間にこそ人間の本質が宿るんじゃないかと思います。せりふのない余白でいかに見ている人に伝えられるかトライしていきたいんです。

◆大河ドラマは5作目となりますが、『おんな城主 直虎』だからこそ感じることはありますか?

以前、『軍師官兵衛』で井上九郎右衛門を演じたとき、「内に秘めたるものだ」というせりふがあり、その言葉が心に残っていました。今回改めてこの言葉の意味を噛み締め、言語化できている気がします。まさに政次は“内に秘めたるもの”をいかに感じていただけるかが勝負の役ですから。毎回、大河ドラマからはすごく刺激を受けますし、得るものの大きい作品だと感じています。

高橋一生インタビュー

◆数々の作品で多彩な役柄を演じられていますが、演じ分けるコツのようなものはあるんでしょうか?

僕は自分から役の人にジャンプしているわけではなく、周りのみなさんと一緒に作品に入り込んで、あとは役が降りてくる瞬間を待っているだけなんです。最近、取材などで「何でもこなせますね」って言っていただくことが増えたんですけれど、むしろ不器用というか(笑)。それを「役のイメージと重なる」と言っていただけるのは光栄ですし、また違う役をやったときに「高橋一生らしい」と言っていただけたら、それも正解だと思います。いろんなイメージを持っていただけたら、俳優冥利に尽きます。

◆お忙しいと思いますが、体調管理のため心掛けていることはありますか?

風邪をひかないことです。実際、ここ10年ぐらい風邪をひいてないんです。そんな特別なことをしているわけではなく、しっかり食べて運動をしているからいいのかもしれないです。

◆ドラマや映画だけでなく、女性誌で特集を組まれるなど引っ張りだこですが、そうしたご自身の現状をどう感じてらっしゃいますか?

僕に対していろいろなイメージを持っていただき、高橋一生にやらせたいと思っている人がいる以上、できるだけ前向きにやってみようという感じなんです。もしかしたらそのとき出ている作品と違う僕の姿が切り取られるかもしれませんけれど、作品への影響はないと信じています。

 

■PROFILE

高橋一生●たかはし・いっせい…1980年12月9日生まれ。東京都出身。O型。最近の出演作に連ドラ『カルテット』『グ・ラ・メ!~総理の料理番』『僕のヤバイ妻』『民王』、映画「3月のライオン」「シン・ゴジラ」など。4月から『美しい日本に出会う旅』(BS-TBS)で旅の案内人を務めている。

 

■放送概要

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
NHK総合 毎週(日)後8・00~8・45ほか

 
●photo/中村 功 text/小山智久

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える