• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

藤井フミヤインタビュー「歴女の次は“記紀女”!」BSフジ『岡山で観た。本当の桃太郎伝説!』

藤井フミヤインタビュー「歴女の次は“記紀女”!」BSフジ『岡山で観た。本当の桃太郎伝説!』

藤井フミヤさんが“桃太郎”ゆかりの地を巡り、その謎に迫る『藤井フミヤスペシャル 岡山で観た。本当の桃太郎伝説!』がBSフジで7月21日(土)に放送される。旅を終え「とにかく面白かった!」と大興奮のフミヤさんにインタビュー。さらに、フミヤさんの歴史が詰まったデビュー35周年記念アルバムや全国ツアー、ファンへの熱い思いも聞きました!


“鬼が何者だったのか”は番組のキーポイント

◆日本の昔話の1つ「桃太郎」。その“桃太郎伝説”の謎に迫る旅はいかがでしたか?

藤井フミヤインタビュー旅を終えて、日本という国が出来上がる以前のお話、日本古代史に迫る面白さがあったというのが第1の感想です。さらに有名な“桃太郎”が実在したこと、そこに日本の歴史が関わっていたっていう古代ロマンにハマる人はハマるはずですし。日本書紀や古事記は、その時代の権力者のいいように書かれているので、抹消されている歴史が結構あると思うんです。そこで桃太郎は天皇家の血を引いた吉備津彦命(きびつひこのみこと)という人物であるということはブレませんが、問題は鬼。鬼が何者だったのかっていうところも、この番組のキーポイントになっていますね。


◆桃太郎にまつわる古代吉備の歴史を学ぶべく「作山古墳」「吉備津彦神社」、鬼の居城「鬼ノ城」などを訪ねました。

藤井フミヤインタビュー古墳だらけだったね(笑)。しかも誰でも入れて、誰でも触れる。特に作山古墳の真ん中に上がったのは、思い出に残っています。絶対すごい大王のお墓だったと思う。こんな巨大なもの、どうやって作ったのっていうくらい巨大だったし(笑)。そして桃太郎に関しては能、大衆演劇といったところからどんどんヒーロー的な存在に変えられていったんだと思っていて。それから鬼と言われている方もウェルカムだった可能性も。だから桃太郎は、鬼に「ようこそ、いらっしゃいました」と手厚くもてなされて、歓迎されていたのかもって(笑)。

◆今回は“桃太郎”でしたが、今後もっと深掘りしたいテーマはありますか?

この企画は、プロデューサーがCMを見て面白そうだと思ったところから生まれたらしくて(笑)。だからこの番組が成功したら、今度は浦島太郎にいくね。今回一緒に旅をしたエクスペリエンス・デザイナーの渡邉(賢一)さんも「浦島太郎は本当面白いですよ!」って意気込んでたから(笑)。

◆フミヤさんの歴史に興味を持ったきっかけは何ですか?

藤井フミヤインタビュー平安神宮でのライブ(1994、2005、2006)や第62回伊勢神宮式年遷宮に関わらせていただいたこともあって神社が好きになっていったんです。ちなみに僕は、お札コレクターでいろんなお札を家に祀ってるから、うちがパワースポットになってる(笑)。でもやっぱり1番の理由は日本人だからだね。年齢を重ねるとともに、「我々は何なのか」っていう歴史に興味が湧いてきて。古代史って、本を読んでも読むものによって書いてあることはバラバラだけど、それぞれ個人的見解を持っている。それがすごく面白い。だから“歴女”の次は“記紀女”の時代ですよ!歴女も古事記、日本書紀と、歴史をどんどんさかのぼっていくんじゃないかな。


ファンに動かれている、生かされている

◆デビュー35周年を記念したアルバム「FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST“25/35”L盤&R盤」が7月18日(水)にリリースされますが、収録曲はファンの投票を基に100曲ピックアップされました。

藤井フミヤインタビュー選ばれた曲は、「あ~やっぱりね!」っていうのと「この曲入るんだ~」っていうのと、「え!この曲入ってないじゃん!」っていうのがあって、面白かった!ファンと僕の気持ちが一致する部分としない部分があったけど(笑)、今後のライブや曲作りに当たっていいデータにもなりましたね。

◆アルバムリリースに続いて、9月22日(土)からは全国ツアーがスタートします。なかなかのハードスケジュールですが…(笑)。

病気できない、風邪ひけないよね(笑)。とにかくこのスケジュールを全部やり切らなきゃっていう思いがあります。ただ僕たちミュージシャンとファンはこうやって会えるんだよね。僕はファンがいないと酒飲みな老けたおやじになっていくだけだから(笑)、ファンに動かされている、生かされているなと思う。聴いてくれる人がいるから、歌うのだから。ステージ上で歌うっていうのは、いろんなものを維持しなきゃいけないから、元気で頑張らなきゃいけない。これってもしかして長く生きるための秘訣かもしれない!(笑)

◆最後に、今のフミヤさんの音楽に対する思いをお聞かせください。

これまでの活動を振り返って、チェッカーズ解散の時もそうだけど、あの時辛かったな~っていうことはいろいろあるよ。でもそのことがあったから今があると思うと、辛かった出来事もいいことだったのかもしれない。そう考えると「もっとこうすればよかった」っていうのもだんだんなくなってくるよね。全部今の自分につながってるんだから。
それと同時に大きい欲望とか夢もあんまり必要性を感じないかな。あ、画家になりたいっていう願望はあるけど(笑)。それに僕自身、ボーカリストとしては今が1番脂がのってる気がしています。55歳の“藤井フミヤ”のボーカルテクニックが上がってきていることもそうだし、民藝や茶道具じゃないけど、使い込んでいい味になって「だいぶお値段上がりました!」みたいな。今が1番高く売れるボーカル時ですよ(笑)。

 

■番組情報

『藤井フミヤスペシャル 岡山で観た。本当の桃太郎伝説!』
BSフジ
7月21日(土)後5・00~5・55

広く知られている日本の昔話「桃太郎」。そんな「桃太郎と鬼」をテーマに、藤井フミヤが桃太郎ゆかりの地として有名な岡山県を巡る。作山古墳や吉備津彦神社、阿宗神社、さらに桃太郎が鬼との戦いに備えて防戦準備をしたと伝えられる「楯築遺跡」や鬼の居城とされる「鬼ノ城」などの日本遺産も巡り、その真相を推理し、謎多き桃太郎伝説をひもといていく。

 

■プロフィール

●ふじい・ふみや…1962年7月11日生まれ。福岡県出身。デビュー35周年記念アルバム「FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST“25/35”L盤&R盤」が7月18日(水)リリース、9月22日(土)からは全国ツアー「藤井フミヤ 35th ANNIVERSARY TOUR 2018“35 Years of Love”」がスタートする。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える