井上清華アナが『ちびまる子ちゃん』で声優初挑戦「自分に似ているキャラで愛着が湧きました」

アニメ
2021年08月01日

フジテレビの井上清華アナウンサーが、アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系 毎週(日)後6時~6時30分)で声優に初挑戦することが決定した。

8月の『ちびまる子ちゃん』は、“~まるちゃん大好き!8月のゲスト声優まつり~”と題し、5週連続で豪華ゲスト声優が出演。1週目(8月1日放送)はゆりやんレトリィバァ、2週目(8月8日放送)はかまいたち、4週目(8月22日放送)はロバート、5週目(8月29日放送)は上白石萌音が登場予定だ。

3週目となる8月15日の放送で、井上清華アナが演じるのは「まる子、町をパトロールする」に登場する小学3年生の女の子・せい子。福岡から引っ越してきたばかりのため、どうしても博多弁が出てしまうことで、なかなか友達をつくることができないでいたせい子。そんなある日、偶然遊んでいたまる子たちと出会い、遊びを通して打ち解けていくというとても『ちびまる子ちゃん』らしい展開のお話。

井上アナは、初体験だというアフレコ収録では、監督のアドバイスを一つひとつ真剣に聞き、小学生の頃の自身のことを思い出しながら演じたという。また、福岡出身の井上アナの流ちょうな博多弁にも注目だ。

<8月15日(日)放送「まる子、町をパトロールする」の巻(ゲスト:井上清華フジテレビアナウンサー)あらすじ>

警察官ごっこをしていたまる子たちは、せい子ちゃんという女の子に出会う。ほとんどしゃべらないせい子ちゃんだが、はまじのおじいちゃんの話で爆笑し、打ち解ける。そして、まる子たちと一緒に警察官ごっこを始めたせい子ちゃんは…。

井上清華フジテレビアナウンサー コメント

◆『ちびまる子ちゃん』に出演すると決まったときの感想は?

「驚きと同時にとてもうれしくて、夢のようでした。アナウンス室の先輩が以前声優に挑戦しているのを見て、“うわ~、すてきだな、まる子ちゃんと共演できるなんてうらやましいな”と思っていました。まさか私が挑戦できる日が来るとは夢にも思っていなかったので、このお話を聞いた時は喜びで、本当に飛び上がりました!」

◆演じたキャラクターについて

「どんなキャラクターになるのかドキドキして待っていたのですが、まるちゃんと同年代の本当にかわいらしい女の子に描いてくださってありがたかったです。母にアニメの映像を見せたら、そっくりだと驚いていました。ちょっといじけてふくれる所とか、性格も幼い頃の私にそっくりだそうです。あと泣き顔も(笑)。自分に似ているキャラクターなので、とても愛着が湧きましたね」

◆実際に演じて見ていかがでしたか?

「声優さんたちの技術が、どれだけ素晴らしいのかをあらためて感じました。声だけで演じることは想像以上に難しかったです。“きゃー”というせりふ一つでも、自分がイメージしているまるちゃんたちの世界に溶け込めなくて。でもたくさんご指導していただき、楽しむことができました」

◆楽しみにしている皆さんに博多弁を交えたメッセージを

「夢みたいっちゃけど、『ちびまる子ちゃん』にゲスト声優として出演することになったと。バリうれしいです! もう本当に不慣れながら頑張ってアフレコしたけん、ぜひ見てください!」

『ちびまる子ちゃん』
フジテレビ系
毎週(日)後6時~6時30分

<キャスト>
まる子(声:TARAKO)
お父さん(声:屋良有作)
お母さん(声:一龍斎貞友)
おじいちゃん(声:島田敏)
おばあちゃん(声:佐々木優子)
お姉ちゃん(声:豊嶋真千子)

<スタッフ>
原作:さくらももこ
脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)
プロデューサー:髙野舞(フジテレビ)、田中伸明(日本アニメーション)
監督:高木淳(日本アニメーション)
制作:フジテレビ、日本アニメーション

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/
ちびまる子ちゃん公式サイト:http://chibimaru.tv/

この記事の写真

©さくらプロダクション/日本アニメーション