増田貴久演じる“黒髪刑事”石川透が『ボイスII』でも樋口(唐沢寿明)のバディに

ドラマ
2021年05月27日

『ボイスII 110緊急指令室』

唐沢寿明主演の7月期新土曜ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系 毎週(土)後10・00~10・54)で、増田貴久(NEWS)演じる石川透が前作と同じく樋口(唐沢)のバディとなることが発表された。

本作は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編。緊急指令室「ECU」を舞台に、通報から「3分で現場到着、5分現場確認、10分で検挙」を掲げる捜査官たちの活躍を描くタイムリミットサスペンス。主人公の敏腕刑事・樋口彰吾を唐沢寿明、どんな微かな音でも聞き分けることができるボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりを真木よう子が演じる。

前作『ボイス』に続いて、『ボイスII』にも石川透役の増田貴久が出演することが発表されているが、石川は前作のラストで“兄貴”の樋口(唐沢)を裏切り、警察官を辞めることを決断、制服を返還していた。そのため、どんな形で登場するのか、さまざまな憶測が飛び交っていたが、今回も同じ港東署の警察官として樋口のバディとなる。

石川はなぜ警察官として残ることができたのか。そこには、石川を助けてくれたある恩人が存在することも明らかになる。

増田貴久 コメント

石川透の役をもう一度やらせていただけることをうれしく思います。石川透を演じるために、髪の色を黒にして、役作りをしているのが楽しいです。警察官というのもありますが、石川透は、黒い髪がぴったりだと感じています。長さも短くして、気分的にも“シュッ”としました。自分でも黒い髪はとても気に入っています。ただ、髪を黒にした日、周りのみんなから何も触れられなかったのが意外でした(笑)。それだけ違和感がないということでしょうか。石川透を演じる気分も高まってきましたので、この夏は『ボイスII』に懸けたいと思います。

『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系
2021年7月スタート
毎週土曜 後10・00~10・54

この記事の写真