『コタローは1人暮らし』最終回あらすじ 狩野(横山裕)を思うコタロー(川原瑛都)が切実な決断

ドラマ
2021年06月26日

関ジャニ∞・横山裕主演ドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系 毎週(土)後11・30~深0・00)の最終回が、6月26日(土)に放送される。

本作は、累計部数100万部を突破した津村マミの人気コミックを初の映像化。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)が、隣に引っ越してきた訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)との出会いをきっかけに成長していくハートフル・コメディだ。

最終回で、コタローは児童養護施設にいた時の仲間・岩永佑(松島聡)から父親がいまだに自分を捜し続けていると聞く。父親の影が自分に迫りつつあることを知り、自分はまだ“弱き者”なのに万が一アパートを突き止められたら、狩野ら優しい住人たちに迷惑をかけてしまうのではないかと考え始めたコタロー。そこで5歳ながら切実な決断を下し、弁護士の綾乃(ももいろクローバーZ・百田夏菜子)にひそかに「新しい家を探してほしい」と依頼する。

そしてコタローが大好きなアニメ『とのさまん』もついに最終回。寂しい気持ちで最終回の日を迎えたコタローは、なぜ自分が『とのさまん』が好きなのかに気づく。

いっぽう短期連載というチャンスが舞い込み、漫画家として生きていく上での正念場を迎えた狩野。そんな狩野の部屋に転がり込んでいる元カノ・新田あかね(高梨臨)は、コタローに「進ちゃんの重荷になってるのが分からない?」と言い放つ。その言葉に打ちのめされたのか、幼稚園の「こどもおたのしみ会」でも元気のないコタロー。その場にはコタローの大好きな狩野や秋友美月(山本舞香)、田丸勇(生瀬勝久)の姿がなく、新任教諭・花輪景介(なにわ男子・西畑大吾)も心配していた。

最終回放送直後の深0・05からは、TELASAで配信中の花輪先生の成長物語を描いたスピンオフ『花輪せんせいは半人前!?』特別編がテレビ朝日で放送される(関東ローカル)。

<最終話(6月26日放送)あらすじ>
売れない漫画家・狩野進(横山裕)は、短期連載というまたとないチャンスを前に、まさに正念場を迎えていた。そんな状況でも、隣室で1人暮らしをする5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)を気に掛ける狩野に、元カノ・新田あかね(高梨臨)はヤキモキ…。コタローに「進ちゃんの重荷になってるのが分からない?」と言い放ち、幼稚園の送り迎えもしばらくは自分が担当すると宣言する。
その頃、弁護士・小林綾乃(百田夏菜子)のもとに、探偵・青田学(間宮祥太朗)から連絡が入る。コタローの父親から再度「息子の居場所を捜してくれ」と依頼があったというのだ。さらに、コタローの児童養護施設にいた時の仲間・岩永佑(松島聡)のところにも、父親が現れていた…。それを知ったコタローは、ひそかに綾乃にある頼みごとをする。
そんな中、「幼稚園の清水」では、恒例の「こどもおたのしみ会」が開催される。秋友美月(山本舞香)、田丸勇(生瀬勝久)には予定があるうえ、狩野はまさかの原稿の締め切り日…。新任教諭・花輪景介(西畑大吾)は、狩野らの姿がないためか、いつになく元気のないコタローを心配するのだが…。
忍び寄る父親の影――。その時、コタローが下した切実な決断とは…。そして、それを知った狩野らアパートの住人たちは…。
さらば、コタロー。
大人びた5歳児と日本一優しい大人たちの絆に、誰もがきっと涙する。『コタローは1人暮らし』、ついに完結。

『コタローは1人暮らし』
テレビ朝日系
毎週(土)後11・30~深0・00

この記事の写真

©津村マミ・小学館/テレビ朝日/ジェイ・ストーム