• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『モトカレマニア』よしこ&メンディーが副音声に初挑戦!

『モトカレマニア』

 新木優子&高良健吾W主演ドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第4話(11月7日(木)放送)で、ガンバレルーヤのよしこと関口メンディーによる「副音声企画」が実施される。

 第一章が完結する第4話で行われる「副音声企画」では、周防ひろ美役を演じるガンバレルーヤのよしこと、白井忠文役を演じる関口メンディーが副音声を担当。2人が、ドラマをリアルタイムでより楽しめる、裏話満載のトークを繰り広げる。

『モトカレマニア』

<よしこ コメント>
◆初めて副音声をやってみた感想

「めちゃくちゃ緊張しました。メンディーさんが映像を見ながらちょいちょい“メンディー語”を入れてくるのが器用だなと思いました。頭の回転がすごいんだなと。メンディーさんに本当助けてもらってしまいましたが、とても楽しかったです!」

◆第4話の見どころ

「女が逆襲する、“スカッとする”回になります。今まではユリカが振り回されっぱなしでしたが、新たな展開を迎える今日放送の第4話をぜひご覧いただきたいです!」

<関口メンディー コメント>
◆初めて副音声をやってみた感想

「副音声をやるのは初めてだったんですが、よしこさんが僕の“メンディー語”をちゃんと拾っていただけたことが気持ちよくなってしまい、“メンディー語”をついつい乱発してしまいました(笑)」

◆第4話の見どころ

「第4話は物語がすごく展開していく後半戦につながるキーとなる回になりますので、ぜひたくさんの方々に見ていただきたいなと思います!」

<第4話(11月7日(木)放送)あらすじ>
誕生日の夜、マコチ(高良健吾)からキスされたユリカ(新木優子)は、今でも彼のことが好きだと確信する。二人がキスしているところを偶然目撃してしまったユリカの親友・ひろ美(よしこ)は、「キスはしたけど付き合うとは言っていない」と言ってその場から立ち去ったマコチのことを「誠実じゃない」と非難する。5年前にユリカと別れたときもマコチは何も言わなかった、というのだ。
一方、さくら(山口紗弥加)は、ユリカと食事をした後に立ち寄ったバーで、ずっと忘れられないでいる元カレの駒込和真(淵上泰史)と再会する。さくらの頭の中に甦る、素直になれなかった中学生時代の思い出。和真の左手には、結婚指輪が光っていた。
山下(浜野謙太)は、好きだと告白してきた同僚の千鶴(趣里)に、好きな人がいる、と告げる。しかし千鶴は「私のことは絶対に好きになれないってことですか?」と問い返す。
あくる日、ユリカは重い足取りでチロリアン不動産に出社する。すると、いきなりユリカを祝福する社長の安藤(小手伸也)らハラミ会の面々。担当物件の契約が成立したため、ユリカは正社員採用されたのだ。ハラミ会は、ユリカの歓迎会の準備もしていた。だがマコチは、熱を出して会社を休んでいた。
その夜、山下が『BARネコ目』をのぞくと、ユリカがいた。ユリカは、マコチに振られたこと、そして都内で山下の元カノ・むぎ(田中みな実)に会ったことを彼に伝え…。

木曜劇場『モトカレマニア』
フジテレビ系
11月7日(木)後10時~10時54分

<キャスト>
新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)、加藤虎ノ介、大地、大倉空人、井上翔太・趣里、小手伸也、山口紗弥加

原作:瀧波ユカリ『モトカレマニア』(講談社「Kiss」連載)
脚本:坪田文(『コウノドリ』シリーズ、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』他)
プロデュース:草ヶ谷大輔(『トレース~科捜研の男~』『コンフィデンスマンJP』シリーズ 他)
演出:並木道子(フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』他)、相沢秀幸(『トレース~科捜研の男~』『グッド・ドクター』他)
制作著作:フジテレビジョン

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える