• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松田龍平「僕にとっては大きな収穫」SPドラマ『ストレンジャー 上海の芥川龍之介』12・30放送

『ストレンジャー 上海の芥川龍之介』

 12月30日(月)に放送されるスペシャルドラマ『ストレンジャー 上海の芥川龍之介』(NHK総合・BS4K・BS8K)の試写会が行われ、主演の松田龍平と脚本家の渡辺あやが出席した。

写真をもっと見る(全13枚)

 本作は芥川龍之介の紀行文「上海游記」を原案に、渡辺あやの脚本でドラマ化。1921年、大阪毎日新聞の特派員として憧れの上海を訪ねた芥川(松田)だったが、当時の中国は動乱の最中。理想と現実のギャップに絶望しながらも、政治と向き合う知識人たちや路地裏で日々をしたたかに生き抜く妓楼の人々と出会う。松田のほかに岡部たかし、中村ゆり、奈緒、金世佳らが出演する。撮影監督は映画「十三人の刺客」の北信康。

 完成した作品を見た松田は「今日、初めて見たのですが、とても見応えがある作品でした。上海の撮影ではとにかく作り込みがすごくて、100年前の上海にタイムスリップしたような気持ちを肌で感じながらやらせていただきました」と。

 脚本を担当した渡辺は「いろんなチャレンジをしている作品です。これまで知らなかった29歳の芥川龍之介という青年と100年前の上海を一緒に旅して、いろんなことを考えられたような大変すてきな体験になりました」と語った。

 撮影は全編上海で行われ、約180人の中国のスタッフも参加した。松田は「言葉の壁も、良い作品を作りたいという気持ちがあるだけで越えられました。とにかく中国のスタッフのパワーがすごくて、現場で叫んでいました。最後の方は日本のスタッフも影響を受けて、声をからしてやっていましたし、僕も影響を受けました。中国の役者さんたちとも共演できて楽しくて、とにかく素晴らしい環境でやらせていただきました」と振り返った。

 役作りについては「芥川が初めて海外に渡航した話なので、僕が初めて海外に行った時にどんな気持ちだったかを考えました。芥川は100年前なので想像し切れないですけど、一人の男として違う環境に行ったときに何を思うのかを考えていました」と。

 芥川龍之介のイメージを聞かれると、「あまりなじみがなかったので、ウィキペディアでたくさん調べました。恥ずかしいけどそれぐらい…」と苦笑い。続けて「芥川の人生の中でもほんの短い旅の話ですが、それでいて濃厚な上海の旅を演じられたことが僕にとっては大きな収穫だったと、今はポジティブに考えています」と明かした。

スペシャルドラマ『ストレンジャー 上海の芥川龍之介』
NHK総合・BS4K・BS8K
12月30日(月)後9・00~10・13

『“A Stranger in Shanghai”』(英語版)
NHKワールドJAPAN
12月28日(土)前8・10~8・50ほか(前編)
12月29日(日)前8・10~8・50ほか(後編)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える