平手友梨奈、志願のリハなし一発撮りで圧倒的な表現力を発揮 デジタルハリウッド大学新CM一夜限りでオンエア

エンタメ総合
2021年01月15日

デジタルハリウッド大学新CM

平手友梨奈が出演するデジタルハリウッド大学の新CM「みんなを生きるな。自分を生きよう。2021 春」が、1月15日(金)放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)内でオンエアされる。

新CMのメッセージ『みんなを生きるな。自分を生きよう。』には、大学進学を控えた高校生に対して、誰かの言う「あれっぽい、これっぽい」に惑わされることなく、本当に自分が進みたい道を考え、選択してほしいという願いが込められた。

CM撮影は「本物の反応を見せたい」という平手の意向で、リハーサルなしの一発撮りで実施。薄暗いスタジオに迷いこんできた平手が、最新のデジタル撮影機器に囲まれたステージに立つと、スクリーンに平手の動きと連動したシルエットが映し出される。

そして、スクリーン上の花に手を伸ばした瞬間、平手のシルエットに鎖が絡みついてくる。この絡みつく鎖に驚きながらも、強いまなざしで鎖を引きちぎっていくと、その鎖の破片は無数のカラスに変化。そしてカラスたちを払いのけるかのように、平手のシルエットから大きな翼が現れる。

初めて見る空間や仕掛けに驚きながらも好奇心旺盛に立ち向かっていくリアルな表情や、その場で感じとった感情のままに表現していく平手の等身大のパフォーマンスに注目だ。

また、デジタルハリウッド大学の特設サイト(https://www.dhw.ac.jp/jibun/)で、WEB動画やメイキング動画なども公開される。

平手友梨奈 コメント

◆一発撮りという撮影で印象的だったことはなんですか?

花に触れようとすると音がでてパーンと弾けて驚きました。
その後、いろいろなものが合わさっていた時にスタジオで鳴っていた音楽が高まっていることに加え、ドローンも上がってきて、何がなんだ分からなくなって、うわぁとなっちゃったのが印象的でした。

◆学生の皆さんへのメッセージをお願いします。

中学生なり、高校生なり、大学生なり、学生の皆さんにとって人生の中で大事な時間だと思うので、その時に感じた感情や気持ちは忘れてほしくないです。
辛いこともたくさんあると思うけど、「頑張って」という言葉よりも「一緒に乗り越えようよ」という言葉をかけてあげたいです。

この記事の写真