映画「レミニセンス」ヒュー・ジャックマンが「X-MEN」に負けず劣らずのアクションで魅せる本編映像解禁

映画
2021年10月01日
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

公開中の映画「レミニセンス」より、ヒュー・ジャックマンがアクションで魅せる本編映像が解禁された。

本作は、「ダークナイト」(08)、「インターステラー」(14)の脚本を務めたジョナサン・ノーランが製作として参加し、「TENET テネット」(20)で兄のクリストファー・ノーランと極めた時間軸マジックをさらに進化させたハリウッドSFサスペンス超大作。主演はヒュー・ジャックマン。共演にはレベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートンら豪華キャストが集結した。監督は『ウエストワールド』(16~)のリサ・ジョイが務める。

舞台は街も人々も荒み、都市が海に沈み水に支配された近未来のマイアミ。主演のヒュー・ジャックマンが他者の“記憶”の深層世界に潜入。その記憶を360度の空間映像として再現することで事件の真相を暴く“記憶潜入エージェント”のニックを演じている。

「X-MEN」シリーズでウルヴァリンを約16年間に渡って演じ「実写映画におけるマーベル・ヒーローのキャリア最長記録」としてギネス世界記録に認定されたヒューが、監督のリサ・ジョイと製作のジョナサン・ノーランによって生み出され、記憶に隠された圧巻の映像トリックと壮大なスケールで描かれた世界で活躍する。

解禁となった映像は、劇中でニックが敵対する悪徳警官サイラス・ブース(クリフ・カーティス)を追い、建物から飛び移るアクションや激しい肉弾戦などに挑んだアクションシーン。肉弾戦の末、看板に激しく頭を打ちつけるシーンなど50歳を越えてもなお現役。さまざまなアクションに挑み、本作でもいまだ衰えない輝きを見せている。悪徳警官のブースを追った先に、ニックがたどり着く真実、記憶に隠されたトリックの全貌とは。

映画「レミニセンス」本編映像

作品情報

「レミニセンス」
公開中

出演: ヒュー・ジャックマン、レベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートン、ダニエル・ウー

製作:ジョナサン・ノーラン、リサ・ジョイ
監督:リサ・ジョイ

原題:REMINISCENCE
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/reminiscence-movie/index.html
ワーナーブラザースジャパン公式Twitter:https://twitter.com/warnerjp?s=20

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

この記事の写真