ラランドが「ロン 僕のポンコツ・ボット」宣伝隊長に就任 サーヤ「どうやら私は完璧じゃない人にひかれるみたい」

映画
2021年10月20日
©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ラランドが、映画「ロン 僕のポンコツ・ボット」(10月22日(金)公開)の宣伝隊長に就任。2人による特別映像が公開された。

本作は、イギリスの新進気鋭のCGアニメーションスタジオ・ロックスミス・アニメーション初の劇場長編アニメーション作品。監督は世界的人気アニメーション「ひつじのショーン」のテレビシリーズを手掛け、「インサイドヘッド」「アーロと少年」ではストーリーアーティストを務めたジャン・フィリップ・ヴァインと、ロックスミス・アニメーションの創設者であるサラ・スミスが共同で務める。

舞台は、誰もがネット、写真、通話、テレビ、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のような最新式のロボット型デバイス”Bボット”と暮らす世界。ローディングに異常に時間がかかり、オンラインにも接続できず、友達探しをすることもできないポンコツっぷりを見せるロンと、孤独な少年バーニーが”本当の友情”を探すハートウオーミングな冒険を描く。

そんな本作の宣伝隊長にラランドが就任。本作を鑑賞したサーヤは「不器用なバーニーと不器用なロンのまぶしい友情物語。どうやら私は完璧じゃない人にひかれるみたいです」と、相方のニシダとの出会いを意識しているかのようなコメント。

一方、ニシダは「まわりのみんなが持ってるBボットをうらやましく思うバーニーのもとにやってきたロン。みんなのBボットとは少し違うけれど、そんな2人の一期一会がすてきな作品でした。不器用でもかわいいロンがニシダに似てるなと思いました」と、自身の不器用さとBボットのロンを重ねた様子。

バーニーとロンのように、不器用同士でぶつかりながらも、お互いを理解し合っているところはまさに最高のトモダチ。そんな2人をラランドのサーヤとニシダが全力で応援する。

「ロン 僕のポンコツ・ボット」ラランドが宣伝隊長に就任!特別映像

作品情報

「ロン 僕のポンコツ・ボット」
2021年10月22日(金)公開

監督:ジャン・フィリップ・ヴァイン、サラ・スミス
制作:ロックスミス・アニメーション
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

この記事の写真