ピスタチオ&スリムクラブ「僕たちは現在の資金が…」天海祐希主演映画「老後の資金がありません!」に出演

映画
2021年10月20日
©映画「老後の資金がありません!」製作委員会

10月30日(土)に公開される映画「老後の資金がありません!」に出演したピスタチオとスリムクラブからコメントが到着した。

本作は2011年に刊行され、34万部を突破した垣谷美雨のベストセラー小説が原作。天海祐希が演じる主婦・後藤篤子は、どこにでもいるごく普通の主婦。子育ても落ち着き、老後は安泰のはずだったが、親の葬式、子供の派手婚、夫の失職、セレブ姑との同居と、あらゆるお金の災難が立て続けに襲ってくる中、悩みもがき奮闘しながらも逆境に立ち向かう。監督は「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(18)の前田哲が務める。

ピスタチオは、篤子(天海)がウインドウに飾られたバッグに魅せられ、思わず入ってしまうセレクトショップの店員役。撮影を終えて「2人で映画に出るのは初めてなので楽しみにワクワクして現場に来たんですが、この映画の初NGが僕たち、ということだったようで…すみません! 天海さんとは以前に一度だけご一緒させていただいたのですが、そのことを覚えていてくださってました…優しく声をかけてくれて、神様みたいな方でした!」と天海の気遣いに感謝。さらに、「我々については、老後の資金というよりも、現在の資金がありません!」と持ちネタの顔芸を披露した。

スリムクラブは、コワモテでギラギラしたアクセサリーも目立つ刑事役で登場。「2人で映画に出るなんて初めてで、人生においても革命的な出来事。愛に包まれた現場で、内間のせりふ1行に6テイクも重ねてくれて黒澤明監督のようなこだわりの仕上がりになっています」とコメント。特に天海を憧れの女性と公言してきた真栄田は特別な仕事になった様子。そして「僕たちいろいろありまして…老後の資金というよりも、現在の資金がなかったんです」とまるで示し合わせたかのようにピスタチオと同じフレーズで切実な事情を明かし、スタッフからの「これ笑っていいところですか?」との問いかけにも「いいよぉ!」と応えて現場を盛り上げた。

本作には2組に加えて、篤子の叔父の葬儀を担当する葬儀社のベテラン社員を演じる友近や、鬼の形相で日本刀を振りかざす姿が予告編でも映し出されている毒蝮三太夫も登場。予測不能の展開と丁々発止の痛快な掛け合いが繰り広げられる。

作品情報

映画「老後の資金がありません!」
2021年10月30日(土)より全国公開

公式サイト:https://rougo-noshikin.jp
公式Twitter:@rougo_noshikin
公式Facebook:http://facebook.com/rougonoshikin/

©映画「老後の資金がありません!」製作委員会

この記事の写真