【紅白リハ】純烈、マジックハンドで間接握手「名付けて“純烈マジックコミュニケーション”(笑)」

音楽
2021年12月28日

1231日(金)放送の『第72NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)のリハーサルが行われ、純烈が囲み取材に応じた。

純烈は、4年連続4回目の出場。「君がそばにいるから」を披露する。意気込みについて聞かれると、酒井一圭は「2021年はコロナ禍でも、ファンの皆さんのおかげで200ステージ弱、いろんなところで歌わせていただきました。純烈らしく楽しく明るい歌唱になれば」とコメント。

公開されたリハーサルでは、マジックハンドを使ったパフォーマンスも。演出について酒井は「純烈といえば客席を回るのですが、今回はマジックハンドを使います。名付けて“純烈マジックコミュニケーション”みたいな(笑)。間接的にですが、観客の皆さんと握手ができれば」と語った。

また、今年を漢字一文字で表すと「挑」と回答。酒井は「初座長、初主演映画など挑戦の毎日でした。紅白では一年皆頑張ったよなという思いを込めて歌いたい」と意気込んだ。

さらに“紅白らしいコラボ”について聞かれると、酒井は「あるかもね」とぼやかした。

番組情報

『第72NHK紅白歌合戦』
NHK総合・BS4KBS8K・ラジオ第1
20211231日(金)後7301145中断ニュースあり)

公式ホームページ:https://nhk.jp/kouhaku

©NHK

この記事の写真