細田佳央太×大友花恋「それぞれの立場、視点に立って、何回見ても面白いんじゃないかな」『初情事まであと1時間』

特集・インタビュー
2021年09月01日

細田佳央太&大友花恋インタビュー

◆大友さんはいかがですか?

大友:私はディズニーが好きです。映画はもちろん、パークで遊ぶことも好きで、ディズニーのアトラクションのバックボーンを調べたりもしますし、それぞれのレストランのメニューや、どこの会社が提供しているかを調べて覚えたりもしています! なので、理想のプランを考えるのは得意だと思います!

細田:ちょうど絶叫系をディズニーから克服しようとしてるので、教えてください!

大友:「スプラッシュ・マウンテン」から乗ってみるといいと思います。

細田:「スプラッシュ・マウンテン」は乗れました! ディズニーシーがちょっと怖いんですよね…。

大友:ディズニーシーのアトラクションは、ちょっと激しくなりますよね。「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」から乗ってみるのはどうですか?

細田:いいですね! ぜひ乗ってみたいと思います。

◆もしお2人が芸能界に入っていなかったら、どんな職業についていたと思いますか?

大友:ちょうどそのようなお話をおとといしていました(笑)。今は難しいですけど、海外でおにぎり屋さんをやってみたいです。ご飯を作るのが好きで、おにぎりっていう日本のすてきな文化を海外の人にいっぱい伝えたいなと思って、私が好きなおにぎりの具についてや、どんなおにぎりがみんなに喜ばれるかを周りのスタッフさんと話しているうちに、「海外でおにぎり屋さんをやろう」という話になりました。

細田:僕は今もやりたいことがいっぱいあって。YouTuberとかやりたいですし、いまだにまだプロのバスケットボール選手になれるんじゃないかってたまに思うくらい(笑)。結構やりたいことが多いんですけど、中学の時から決まっていて、俳優をやっていなかったとしても、プロデューサーとか演出部さん、撮影部さん、何でもいいから、やっぱりこの世界に触れていたいなとずっと思っていて。俳優をやっていなかったり、やめていたとしても、この世界から離れたくないなっていうはあります。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8