小関裕太、誕生日に『脱力タイムズ』収録「一生忘れないと思う(笑)」 | TV LIFE web

小関裕太、誕生日に『脱力タイムズ』収録「一生忘れないと思う(笑)」

バラエティ
2020年07月16日

『全力!脱力タイムズ』

7月17日(金)放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)は、俳優の小関裕太とバイきんぐの小峠英二がゲスト出演する。

オープニングでは、メーンキャスターのアリタ哲平とキャスターの小澤陽子アナウンサーが、相変わらずのギスギスしたやりとりを繰り広げ、さっそく小峠を不安にさせる。

『全力!脱力タイムズ』

特集のテーマは「日本の論点“今こそ脳トレをすべき”」。緊急事態宣言により外出自粛を行ったことで、一説によれば「人は外に出かけなくなると、他者と関わる機会が減り、脳の認知機能が低下する恐れがある」といわれている。そこで今回は、全力解説員を務める医師・川村優希の監修の下、スタジオで脳のトレーニングを実施することに。小関、小峠、そして全力解説員の岸博幸と齋藤孝が、番組オリジナルの脳トレクイズにチャレンジする。

ある人物の写真を見て3秒以内にその名前を答える「これ誰でしょう?」や、モニターに映し出される“グー”“チョキ”“パー”のいずれかの画像に対し、瞬時に負ける手を出さなければいけない「負けなきゃダメよ!ジャンケンポン!」といった脳トレ問題に挑む出演者たち。

『全力!脱力タイムズ』

“元官僚の岸vs東大卒の齋藤”という意外な対決の構図も見せながら、一同は順調に解答していく。そんな中、小峠だけは間違えるどころか回答することすらできず、ただむなしくツッコむばかり。アリタや川村は、小峠の脳が相当疲れているのではないかと心配する。

さらに、テーブルの上に硬貨が無造作にばらまかれた写真を見て、10秒以内にその合計金額を言い当てる「金額を数えてください」、ランダムに表示された文字列を並べ替え、ある言葉を完成させる「並び替えてできる言葉を答えてください」と、次々と問題が出されるが、小峠は何ひとつ答えられず、イライラを募らせていく。

『全力!脱力タイムズ』

そして、モザイクがかけられた写真に写っている物の正体を当てる脳トレクイズ「モザイクがかかっているものは何でしょう?」では、小峠が今もっとも見られたくない写真がさらされ、小峠はついに激しくツッコんでしまう。

『全力!脱力タイムズ』

その後「おしゃれな小峠さんから“夏の着回し術”を学びたい」という小関のたっての希望で、別室に用意した小峠の私服コレクションをみんなで観賞することに。

しかし、現場リポートを担当する新人アナウンサーが話し始めた途端、小峠は異変に気づき…。

「THE美食遺産」は、滝沢カレンが東京・恵比寿の名店が誇る“モンサンミッシェル風トリュフオムレツ”をナビゲートする。

『全力!脱力タイムズ』

  1. 1
  2. 2