Travis Japan川島如恵留、中村海人、吉澤閑也が『ネプリーグ』特別編に参戦“令和の新常識問題”に挑む

バラエティ
2021年03月22日

『ネプリーグ』

『ネプリーグ』(フジテレビ系)の特別編として、令和の新常識がアップデートされているのかを問う問題を出題する『ネプアップデートリーグ』(後7時~9時)が3月22日(月)に放送される。

今回は、チーム対抗戦ではなく、出演者全員が一丸となって令和の新常識問題に挑戦。ゲームに挑むのは、ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班スペシャル』から坂口健太郎、吉瀬美智子、北村一輝、池田鉄洋、ジャニーズJr.の7人組グループ・Travis Japanから川島如恵留、中村海人、吉澤閑也、お笑い芸人から小沢一敬(スピードワゴン)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、SNSで絶大な人気を集める丸山礼、大友花恋、ロイ。ステージごとにコインを集め、獲得コインに応じてボーナスステージへの挑戦権が勝ち取れる。

1stステージは、令和の常識ワードが3択出題され、3人で瞬時に正解をそろえるゲーム「令ワードフィーバー」。 “クラブハウス”“うっせぇわ”など最近よく聞くホットワードを本当に知っているかが問われるゲームで、坂口とTravis Japan・中村が大苦戦する。

2ndステージは、11本のコードの中に1本だけがハズレ。5人で協力して10本全て切ることができればミッションクリアとなる「イレブンコード」。ハズレを引いたら即アウトという緊張感が漂う中で、北村は汗びっしょりに。芸能人がSNSにアップした『鬼滅の刃』のコスプレ写真のいいね数を当てる問題では、吉瀬も「え~~! もうやだー! 分からない!」とパニックに陥る。

3rdステージは、誰もが知る作品の主人公を、もしも有名人でキャスティングするなら誰かを当てるゲーム「キャスティングミュージアム」。昔話の主人公というお題で正解した松陰寺は「これむちゃくちゃ気持ちいいです!」と大喜び。

普段、舞台の演出やキャスティングもしているという池田は「日本版マリー・アントワネットをキャスティングするなら?」というお題で、堀内から「池田さんはセンスが良すぎる! 玄人好みなんだよね!」と指摘される。

4thステージは、世の中のさまざまな曖昧な数字を答え、誤差無し(ドンピシャ)を目指すゲーム「ドンピシャクルーズ」。Travis Japan・吉澤は「こんな時間に電話してくるな! これ何時?」という曖昧な数字に頭を悩ませる。

さらに、宅地建物取引士の資格を持つTravis Japan・の川島にぴったりな問題が出題される。

ボーナスステージは、あらゆる分野から出題された問題に1人1文字ずつ解答し、全員で10文字の答えを完成させるゲーム「10リーグ」。今知っておかないと恥ずかしい、新常識力がアップデートされているかが試される問題が出題される。

『ネプアップデートリーグ』
フジテレビ系
2021年3月22日(月)後7時~9時

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/nepleague
公式Twitter:https://twitter.com/cxnepleague
フジテレビ公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/fujitv

©フジテレビ