年間30億円を稼ぐキッズYouTuber、ヒロシ、Mega Shinnosukeのその後を追跡取材『マツコ会議』

バラエティ
2021年07月24日

7月24日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系 後11・00~11・30)は、マツコ・デラックスを驚かせたクリエーターたちのその後を追跡取材する。

まずは、3月に登場した年間30億円を稼ぐアメリカのキッズYouTuberライアン・カジ君の父であり、プロデューサーでもあるシオン・カジさんのその後を紹介。ライアン君は、2015年3歳のころに初めてYouTubeに動画を投稿。それ以来、世界中の子供たちが友達感覚で夢中になっていると人気に火がつき、チャンネル登録者総数4000万人超え、総再生回数540億回超えの世界一のキッズYouTuberになった。4か月前に父・シオンさんが出演したときにはテキサス州に住んでいたが、放送後に一家でハワイへ引っ越し。ハワイの大豪邸のルームツアー映像を公開する。さらに、シオンさんがハワイに引っ越しを決意した驚きの理由を明かす。

続いては、昨年7月に中継したソロキャンプ動画が話題の芸人ヒロシ。「ソロキャンプ」が流行語にもなった影響で、YouTubeチャンネルの登録者は110万人を突破し、仕事のスケジュールも10月まで真っ黒。そんなキャンプのクリエーターとして活躍するヒロシが最近購入したある大きなものを紹介。そして、キャンプを頑張りすぎたヒロシが悩みを告白。常に手放せないものがあるというが、一体それは何なのか。

そして、昨年11月に中継した、独学で音楽を制作する話題のティーンズ作曲家のその後も。マツコと音楽に取り組む姿勢について語ったMega Shinnosukeは、作詞作曲から映像制作まで、全てセルフプロデュースで行うクリエーター。「CDを買ったことがない」と言い、普段は即興で歌ったメロディーをスマートフォンで録音して、その音源データをPCに並べて曲を作っているのだそう。出演から8か月、Mega Shinnosukeがある人物から楽曲提供のオファーを受けたというのだが、果たしてその驚きの人物とは。

『マツコ会議』
日本テレビ系
2021年7月24日(土)後11・00~11・30

この記事の写真