“ゼロイチ推し”白洲迅がぼる塾のロケスタイルに感心「いい意味で頑張らないんだなって(笑)」

バラエティ
2021年09月10日

9月11日(土)放送の『ゼロイチ』(日本テレビほか)で、期間限定レギュラー“ゼロイチ推し”の白洲迅とぼる塾が千葉県木更津を旅する。

木更津は、自然にあふれた土地でありながら、都心へのアクセスも抜群という好立地で人気が集まっているエリア。このロケで初共演となった白洲とぼる塾の3人は、旅をより楽しむためにお互いの呼び名を決めることに。「あまりあだ名で呼ばれることがない」という白洲に、ぼる塾・あんりは「じんたん」を提案。きりやはるか、あんりは親しみを込めて呼び捨て、少し年上の田辺は「田辺さん」と敬称に。「なんで私だけ『田辺さん』?」と不満げな様子に、試しに白洲が「智加さん」と呼びかけると田辺は大照れ。思わず「なぁに~」と返答してしまい「そこは『まぁね~』でしょう!」とあんりにツッコまれてしまう。

一行は、早速、最近人気のマリンアクティビティー・シーカヤックに挑戦。今回訪問した金田みたて海岸は遠浅の干潟なので初心者でも安心して大海原に漕ぎ出すことができると好評。さらに東京湾アクアラインを真下から眺めることができるとあって、一行も非日常を存分に体験した。

続いて、木更津ならではの「海苔作り体験」や、地元の海産物を選んで自ら焼いて食べることができる店で木更津グルメに舌鼓。さらに、海ほたる限定グルメも堪能し、充実した経験旅となった。

最後にロケでぼる塾と1日を共にした白洲は「いい意味で頑張らないんだなって(笑)」と3人が醸し出す独特の癒やしの雰囲気を称賛。それにきりやが「これは私たちらしさが出て良いっていうこと」と答えると、すかさずあんりが「笑いをとらないことを“私たちらしさ”って言ったら元も子もない」とツッコみ、しっかりと笑いをとって旅を締めくくった。

『ゼロイチ』
日本テレビほか
毎週土曜 前10・30~11・45/前11・55~後1・25ほか

この記事の写真