トレエンたかしと逢沢りなの初デートに密着 大胆アプローチに指原莉乃も爆笑『恋のお世話始めました』

バラエティ
2021年10月08日

『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』の第46話が、10月7日(木)にABEMA SPECIAL2で放送された。

この番組は、出会いを求める芸能人のために“ガチで恋したい”芸能人だけの合コンをセッティングし、交流会の様子をモニタリング。その攻防を、恋愛上手なヒロミと指原莉乃の2人のMCが恋愛視点で解説していく恋愛学バラエティ。

今回は「特別編第5弾」として、女優の逢沢りなが7月22日放送の第36話で見事カップル成立となった、トレンディエンジェルのたかしと、「ゲスの極み乙女。」のベース・休日課長のどちらかを選ぶために実施された初デートに密着した。

まずは、たかしと逢沢がデートを敢行。事前打ち合わせでたかしは「デートっていうものをしたことがないので、ふざけるのも違うしガチガチにやるのも違うし…」と考えながらも、「本気モードで行きます!」と今回のデートにやる気をみなぎらせる。

そして迎えたデート当日。待ち合わせ場所に逢沢が登場するなり、喜びを爆発させるたかしが「『来てくれないんじゃないか?』って不安もあったんだけど来てくれてありがとう」とお礼を述べる。そんなたかしに対し、ヒロミは「行かないっていう手もあったよな(笑)」と、歓喜するたかしの気持ちに理解を示す。

©AbemaTV,Inc.

神社に移動する途中で、合コン時より短くなった逢沢の髪形に気付いたたかしが「髪切った?」と質問した際には、「そうなんです! 気付いてくれた~!」と大喜び。逢沢の様子を見た指原も、女性の立場から「それはうれしい!」と称賛の言葉を贈った。

デート中盤では、元野球部だったたかしの提案によりバッティングセンターへ移動。たかしは「自分が打ってるところを見てほしいし、打ってみてほしい!」と告げ、ほぼ未経験の逢沢にお手本を披露する。見た目とは裏腹に100キロの球をどんどん打ち返していくたかしの意外な姿に逢沢は「すごい!」と感動。その後、たかし指導の下、今度は逢沢が80キロの球にチャレンジ。かすっただけでも「ホームランじゃない!? ホームランだよ!」と場を盛り上げるたかしの優しさに、逢沢はうれしそうな表情を浮かべた。

©AbemaTV,Inc.

そんな中、最後に170キロにチャレンジしたいと申し出たたかしが「もし170キロが打てたら付き合ってください!」と大胆なアプローチ。これを見ていた指原は、最初の神社でたかしのおみくじに記載されていた「急がぬ方が良し」という言葉を引き合いに出しながら、「めちゃめちゃ急いでる…(笑)」と大爆笑。

若干、戸惑いを見せる逢沢をよそに、真剣な表情でバットを振り続けるたかしに対し、ヒロミは「これ、たかししか楽しくないよね!」とダメ出しし、現場の笑いを誘った。

勝手に行われたバッティングチャレンジは失敗に終わり、次に2人は愛犬を連れて一緒に遊ぶことができる施設に移動。この場所を選んだ理由について、たかしは「さっきのバッティングセンターは俺の趣味だけど、りなちゃんは犬を飼ってるって言ってたし、『普段こういう所に来るのかな?』と思って来ました」と説明。

思わぬ経緯を知った指原は、施設にいたトイプードルを見て大喜びする逢沢を見て「なるほど! そういうことね!」と納得の表情。さらに、たかしが「俺は動物を飼ったことなくて。でも、りなちゃんは飼ってるから、今日は“克服”というためにもここに来たんだ」と伝えると、その後も自ら率先してトイプードルと距離を縮めようと努力する。

©AbemaTV,Inc.

一生懸命なたかしが「これぐらいの小ささだったら遊べるかも!」と自信をのぞかせると、一連の流れを目の当たりにした逢沢も「じゃあ私のワンちゃんとも遊べるかも!」と、この日一番の笑顔を見せた。

番組の最後には、逢沢がたかしのデートについて言及。「今日みたいにドッグランや公園を散歩するのに憧れがあったからよかった。バッティングセンターも新鮮な感じがして、そういうデートもありだと思いました。私の趣味じゃないことを教えてくれたり誘ってくれたりするのはすごく好き」と絶賛。「たかしさん、結構グイグイ言ってくれるタイプなんだなと思いました」と感想を述べ、思わぬたかしの男気に好印象を語った。

この模様は、ABEMAで放送後7日間無料で見逃し配信が可能。また、来週10月14日(木)放送の第47話では、休日課長と逢沢のデートに密着する。逢沢はどちらの男性を選ぶのか。

番組情報

『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』
ABEMA SPECIAL2

番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1451_s1_p48

©AbemaTV,Inc.

この記事の写真