1馬力=何春日?オードリー春日が分かりづらい“単位”を体を張って検証『それって!?実際どうなの課』

バラエティ
2021年10月19日

10月20日(水)の『それって!?実際どうなの課』(日本テレビ系 後11・59~深0・54)は、女優・緑川静香がスマホ1つで家庭の不用品を売りさばく企画と、オードリー・春日俊彰が分かりづらい単位を体を張って検証する企画を放送する。

緑川が向かったのは、築約100年の大きな蔵。番組の大ファンだという32歳の男性が、3年ほど前に亡くなった祖父の遺品をただ捨てるのはもったいないということで応募。目標金額は13万円で、もうすぐ100歳になる祖母においしいものをご馳走したいのだという。蔵からは、多趣味だったという祖父が集めた湯飲みや重箱、お膳セットなど、鑑定団に登場しそうな骨董品級の品々が見つかる。さらに、掛け軸や戦争中に空母が描かれた絵画などのお宝も続々と出てくる。

オードリーの春日は分かりづらい単位を体を張って検証。「1馬力」は「約75キロの物体を1秒間に1メートル上げる仕事率」と定義されているが、これは荷物を引いた馬が1秒間で1メートル引く力が約75キロだったことから定められたと言われている。そこで春日が1秒間で1メートル持ち上げる重さの限界に挑戦。果たして「1馬力=“何春日”」になるのか。

『それって!?実際どうなの課』
日本テレビ系
2021年10月20日(水)後11・59~深0・54

この記事の写真