指原莉乃、ゆるふわ系TikTokerにデレデレ「ずっと見たい!」『恋のお世話始めました』

バラエティ
2021年11月06日
©AbemaTV,Inc.

『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』の第50話が、11月4日(木)にABEMA SPECIAL2で放送された。

この番組は、出会いを求める芸能人のために“ガチで恋したい”芸能人だけの合コンをセッティングし、交流会の様子をモニタリング。その攻防を、恋愛上手なヒロミと指原莉乃の2人のMCが恋愛視点で解説していく恋愛学バラエティ。

今回の合コンでは、男性陣から俳優でモデルの橋口巧、モデルの松波凛晟、俳優で男性アイドルグループ「甘党男子」の菅井義久、お笑いコンビ・ロングアイランドの松尾侑治。女性陣からモデルのREN、グラビアアイドルの白藤有華、TikTokerのほのぴす、コスプレイヤーのかれしちゃんと、さまざまな業界から集まった男女8人が登場。

ヒロミは、独特な活舌でTikTokの視聴者を魅了したというほのぴすに注目。自分の名前すらままならない口調ながら、一生懸命に話すベビーフェイスのほのぴすに対し、序盤から「酔ってないよね? かわいいな~」と大絶賛。また、ほのぴすが、年下男子の松波と2ショットになった際、仕事と学業を両立する松波に大げさなほど感激したかと思えば、少し遠慮がちな松波には年上らしく「お仕事はどういうのが多いの?」など積極的に質問する姿勢に「しゃべってる内容はちゃんとしてるんだよな~」とほのぴすの人柄に感嘆の声を上げた。同じくすっかりほのぴすのとりこになってしまった指原も「すごく明るくてかわいい!」「超癒やされる…」とメロメロで、ほのぴすの恋の行方に期待を寄せた。

©AbemaTV,Inc.

番組中盤では、そんなほのぴすの恋模様に大きな動きが。まず、今回2回目の参加となる菅井との2ショットでは、菅井が持ち歌である「シュークリーム」の歌とダンスを簡単に披露して場を盛り上げると、ほのぴすも身振り手振りで応戦。また、菅井がグループの中で“菓子パン担当”だと明かした際には、ほのぴすが「実は中学1年の頃からパン教室に通っている」と打ち明け、菅井を驚かせた。共通点の多い2人が終始会話を弾ませていると、菅井は常に明るく笑顔で振る舞うほのぴすに興味津々に。

そして、第二印象で気になる相手にほのぴすの名前を挙げると、最初にほのぴすと2ショットになった松波も同じくほのぴすを指名。2ショットで話した相手を確実にとりこにしてしまうほのぴすの魅力について、ヒロミは「子供みたいにかわいいけど、(話が)ちゃんとしてるよね」と称賛の声を贈った。

©AbemaTV,Inc.

そんな中、既にほのぴすのとりこになってしまっている指原は、ほのぴすと松尾の2ショットに注目。ほのぴすが普段から披露しているというマイメロディの声マネを披露した際、「めっちゃかわいい!」と大絶賛。また、その後に続いた松尾が、優里の大ヒット曲「ドライフラワー」の一部分だけを歌う超マニアックモノマネを披露した際には、目を輝かせながら「歌がうまいのは伝わりました!」と感激するほのぴすに「優しい! もうずっと観たい!」とデレデレに。終始ほのぴすを溺愛し、現場の笑いを誘った。

こうして合コンが終了し、最後に男性陣から次回1対1でのデートに誘う「お誘いチャンス」を実施。松波と松尾が残念ながらお誘い失敗となる中、菅井はほのぴす、橋口は白藤と見事カップル成立となった。この模様は、ABEMAで放送後7日間無料で見逃し配信中。番組の最後には、合コン後に行われた女子だけの本音トークも公開している。

番組情報

『ヒロミ・指原お世話始めました”』
ABEMAビデオで限定公開

番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1451_s1_p52

©AbemaTV,Inc.

この記事の写真