“記者”見取り図&Aマッソが“編集長”さまぁ~ずからのムチャぶりに大奮闘『芸人街ぶらリサーチャーズ』

バラエティ
2021年12月28日

“見出し”先行型ロケバラエティ『芸人街ぶらリサーチャーズ』(テレビ朝日系)が、12月28日(火)に放送される。

この番組は、見取り図とAマッソが“記者”として街に繰り出し、そのロケ中に前もって決められた「おもしろアトラクション」「街の天才見つけちゃった」などの10個の「見出し」に沿ったスポットや人物を見つけ出す「ムチャブリ」×「街情報」の見出し先行型ロケバラエティ。街ぶら歴14年のさまぁ~ずが“編集長”として街の魅力を引き出す見出しを決定。副編集長の新井恵理那と共にロケの様子を厳しく審査していく。

ロケの達人・さまぁ~ずも「こんなロケやりたくないよ!」と尻込みする無理難題な街ぶらロケに挑戦する見取り図&Aマッソ。見取り図は、下町の魅力を残しつつ、再開発で生まれた新しい建物も多い、新旧の魅力が詰まった街・北千住へ。関西で鍛えたロケ能力でスタート直後から続々と見出しを見つけていくが、その“ちょっと強引な”お題クリア方法に、さまぁ~ずから「どこにでもあるよ!(笑)」とダメ出しをくらう。

そんな中、ある作戦のために花屋を見かけると何度も立ち寄るリリー。さらにロケ終盤、「何かの日本一」の見出しを求め、柔道強豪校を訪れた見取り図だが、まさかの結末に全員からブーイングを浴びる。

いっぽう、街ぶらロケが初めてというAマッソは、アクセスの良さと公園などが多い立地で、ベッドタウンとして人気急上昇中の和光市に向かう。たまたま駅前で出会ったおじさんが紹介してくれたのは、「スターが訪れた店」の見出しにぴったりの、さまぁ~ずも驚く大物女優が訪れた店。このおじさん協力者が、この後のロケを大きく左右することに。

見出しを見つけた“数”で攻める見取り図と、見出し一つ一つの“質”で攻めるAマッソが、街ぶらロケのプロ・さまぁ~ずをうならせる“面白情報”を引き出すべく奮闘する。

『芸人街ぶらリサーチャーズ』
テレビ朝日系※一部地域をのぞく
2021年12月28日(火)後11・15~深0・15

©テレビ朝日

この記事の写真