• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

櫻井孝宏、早見沙織ら豪華キャストが登壇する『BLAME!』初日舞台挨拶の生配信が決定!

119447_01_R 5月20日(土)公開の映画『BLAME!』のトークイベントが開催され、デジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ取締役の守屋秀樹と、世界最大規模の映像配信サービスNetflixのコンテンツ・ディレクターを務めるジュリアン・ライハンが登壇した。

 原作は、今なお世界中のクリエイターを魅了し続ける鬼才・弐瓶勉のデビュー作品「BLAME!」。講談社「アフタヌーン」で1997年から2003年に連載され、人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来で、無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画だ。

世界中で利用者が急増中の動画配信サービス・Netflixにて、日本初のオリジナル映画として劇場の公開日と同時に世界に向けて配信される本作。この企画が実現した経緯を聞かれた守屋は、「当社が『トロン:ライジング』や『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』など、アメリカ向けの作品を作っていたこともあり、先方の担当が評価くださって、日本でのTV放送前に『シドニアの騎士』や『亜人』といったタイトルの配信が決定しました。その繋がりがあり、今回、『BLAME!』が制作されました。Netflixのサポートがなければ実現できなかった企画です」と、Netflixあってこその企画だと語る。また、劇場公開と同時配信は、新たな挑戦でもある。両方を見てもらうための差別化が必要になるわけだが、守屋は「『BLAME!』は作品の情報量が多いので、Netflixで細かい表現を観ていただき、劇場では大きなスクリーンや、素晴らしい音響システムで、ライブ感を楽しんでいただきたいと思っています」と劇場、Netflixそれぞれの楽しみ方をPRした。

本作は、現地時間6月12日から17日にかけてフランス・アヌシーで行われるアヌシー国際アニメーション映画祭で特別上映が決定している。ライハンは「頭のシーンからアクションが始まり、視聴者の心を掴み、最後まで引っ張っていくような作品なので、多くの人が物語に入りやすく、幅広く見られる作品だと思います。映画祭での特別上映が決定してから、各国から反応がありました。今後、公開してからの世界中の反応が楽しみです」と期待を露わにした。

さらに、今後について質問が及ぶと、ライハンはNetflixを通じて全世界にアニメファンを増やしたい、と展望を。すると守屋も「Netflixさんにはアニメファンを一緒に盛り上げようとずっと言ってきて、今回、プロモーションを含めてそれが実現できました。今後も一緒に力を合わせて頑張っていきたいと思っています。ポリゴン・ピクチュアズとしては、“世界が驚くような作品”を常に意識しながら、映像的にも進化していきたいと思っています」と力強く語った。
 
また、5月20日(土)の公開初日に、櫻井孝宏(霧亥役)、早見沙織(サナカン役)、洲崎綾(タエ役)、瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)らキャストとスタッフが登壇する初日舞台挨拶がLINE LIVE、およびニコニコ生放送で生中継の配信が決定している。

【作品情報】
『BLAME!』
5月20日(土)より全国公開(2週間限定)
©弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

■キャスト
霧亥:櫻井孝宏/シボ:花澤香菜/づる:雨宮天/おやっさん:山路和弘/捨造:宮野真守/タエ:洲崎綾/フサタ:島﨑信長/アツジ:梶裕貴/統治局:豊崎愛生/サナカン:早見沙織

■スタッフ
原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉
監督:瀬下寛之

配給:クロックワークス
製作:東亜重工動画制作局
上映時間 :105分

公式HP:http://www.blame.jp

【映画「BLAME!」初日上映前舞台挨拶の生中継配信】
■登壇者:櫻井孝宏(霧亥役)、早見沙織(サナカン役)、洲崎綾(タエ役)、瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)(予定)

■LINE LIVE 実施概要
放送日時:5月20日(土) 10:55~
視聴URL https://live.line.me/channels/75/upcoming/2969694

■ニコニコ生放送 実施概要
放送日時:5月20日(土) 開場/10:55~ 開演/11:05~
視聴URL http://live.nicovideo.jp/gate/lv297874780

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える