• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』と『アナ雪』最新作が同時上映!18年3月公開

『リメンバー・ミー』『アナと雪の女王/家族の思い出』 ディズニー/ピクサー長編最新作『リメンバー・ミー』と同時上映となる作品が、「アナと雪の女王」の22分の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』となることが発表された。合わせて、日本のために作られたオリジナルポスタービジュアルも解禁された。

 両作品のチーフ・クリエイティブ・オフィサーのジョン・ラセターは、日本に向けて「皆さまに、2つの新作をお届けします。1作は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオがお送りする『アナと雪の女王/家族の思い出』です。『アナと雪の女王』の愛すべきキャラクターたち、アナ、エルサ、そしてオラフが再び、大スクリーンに戻ってきます。もう1作は、ピクサー・アニメーション・スタジオがお送りする『リメンバー・ミー』です。“家族”というとても大切なテーマをこの2作を通じて、日本の皆さまにも“家族の絆”と“家族の大切さ”を感じていただきたいです。この2作品をどうぞご家族や愛する人と一緒に、映画館で大いに楽しんでください。ドウモアリガトウゴザイマス」とコメントを寄せている。

 日本オリジナルポスターでは、新コスチュームを着ているエルサとアナ、そして雪だるまのオラフやトナカイのスヴェンなど人気キャラクターたちも再結集している。

 『リメンバー・ミー』はピクサーが初めて“音楽”をフィーチャーした作品として話題に。主人公は、音楽が大好きなギターの天才少年ミゲル。過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。大切な家族か、ミュージシャンになる夢を目指すか悩むミゲルは、伝説のミュージシャン:デラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。ある出来事により、夢のように美しく、テーマパークのような“死者の国”に迷い込んでしまったミゲル。彼に手を差し伸べたのは、正体不明の謎のガイコツ、ヘクターだった。2人はミゲルの一族に隠された驚くべき<秘密>の存在に気づき冒険を始める。すべての謎を解くカギは、デラクルスの美しいバラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

 映画『リメンバー・ミー』と『アナと雪の女王/家族の思い出』は2018年3月16日(金)に全国同時公開される。

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』3月16日(金)公開

『リメンバー・ミー』
監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『アナと雪の女王/家族の思い出』
監督:ケヴィン・ディーターズ&スティーヴ・ワーマーズ=スケルトン
製作:ロイ・コンリ
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2017 Disney. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ