• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

浜田雅功「バブル時代でもできないスケール」Amazonプライム・ビデオ『戦闘車』10・6配信開始

『戦闘車』 Amazonプライム・ビデオの新しいオリジナル・バラエティシリーズ『戦闘車』が、10月6日(金)より見放題独占配信される。毎週金曜日に1話更新され、全5話の配信を予定している。

 この番組は、車好きで知られる芸能人たちが自ら各々の“戦闘車”に乗り込み、命がけでさまざまな試合に挑む“デンジャーテイメント(デンジャー×エンターテイメント)”。

 Amazonオリジナル番組初登場の浜田雅功率いる浜田軍とAmazonオリジナル番組は2本目となる千原ジュニアが率いるジュニア軍に分かれ、芸人、レーサー、ミュージシャン、アイドル、俳優、そしてプロレスラーからなる総勢18名がスピード、度胸、そして根性が試される自動車合戦で対戦する。

 浜田軍メンバーは、岩橋良昌(プラス・マイナス)、小沢仁志、渚(尼神インター)、勝俣州和、佐田正樹(バッドボーイズ)、千原せいじ、山本圭壱(極楽とんぼ)、脇阪寿一の8名。

 対するジュニア軍メンバーは、板倉俊之(インパルス)、庄司智春(品川庄司)、南明奈、原田龍二、藤本敏史(FUJIWARA)、松岡充、武藤敬司、脇阪薫一の8名。

 実施される試合は、壁ギリギリに止まれるかを競う「寸止めの関」、障害物レースの「地獄街道」、戦闘車による走り幅跳び「浪漫飛行」、戦闘車をぶつけ合い、土俵から押し出すか、戦闘不能になるまで戦う「相撲DEATH」の全4試合。

 浜田は「バブル時代、テレビが元気な時でもできなかったようなすごいスケールの撮影でした。出演者全員が、心の底から楽しんでいたので視聴者の皆さんにもそれが伝わると思います」と。

 千原ジュニアは「車をこんなにも自由自在に扱える経験はなかなかできないので、とても面白かったです。撮影の規模は想像の倍以上で、映画並みのダイナミックさです。この番組こそ、バラエティの真骨頂だと思います」とコメントしている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える