• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

柴咲コウ、大河『直虎』クランクアップ「体力が有り余っています!」

『おんな城主 直虎』 柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合ほか 毎週(日)後8・00)が10月11日(水)、作品の舞台でもある静岡県浜松市、久留女木の棚田でクランクアップを迎えた。

 “徳川四天王”の1人として知られる井伊直政の養母・井伊直虎の波乱の生涯を描く本作。大河初出演で主演を務めた柴咲は、1年以上にわたる撮影を終え「撮影が始まった当初は、やり遂げられるか不安でしたし、終わったときには精魂尽き果てているのだろうな…と想像していたのですが、いざ終わってみると、体力が有り余っています! それは、スタッフ皆さんのプロフェッショナルな仕事に触れることが刺激になっていたからだと思いますし、作品そのものからもパワーをもらいました。1人では考えこんでしまうような時でも、現場で皆さんとコミュニケーションをとることが、私にとって一番の励みになりました」とコメント。

 クランクアップを迎えた地・浜松は、井伊家ゆかりの土地で、1年前にもロケで訪れている。柴咲は「やはりご当地で撮影ができるのはとても喜ばしく、直虎たちが若かった時代を撮影した土地に、こうして終盤に戻ってくることができてうれしく思います」と。

 本作で演じた井伊直虎については「番組開始当初は、あまり知名度が高くなかった直虎という人物ですが、先入観を持たずに入り込める作品というのが、私自身好きですし、先入観なしに見ていただける人物が主人公であったことで、ハラハラどきどきしながら見てもらえているのではないかな、と思います」と。

 最後に柴咲は「SNSなどでの反響や、うれしいお言葉をいただくこともあり、ファンのみなさんがこの作品を真っ向から受け止めてくださっていると感じています。最後まで見届けていただきたいです。あっという間の1年間でしたが、本当に充実していました」とメッセージを。

 岡本幸江チーフプロデューサーはそんな柴咲について「ご本人のエネルギーがとても強い方で、作品に没入していらっしゃる間は疲れ知らず、という印象でした。撮影が進むうちに、スタッフへの信頼をどんどん強めてくださって、我々もそれに応えるべく、ドラマを作っていくことができました。『俺について来い!』というタイプのリーダーではありませんが、柴咲さんご自身が真摯に作品に取り組む姿そのもので周りを引っ張っていってくれる、そんなタイプのリーダーだと思います」と絶賛。最後に「視聴者の方には、番組ホームページへの直接のメールやお手紙など、大変心のこもった応援をしていただき、心強く思っています。ただいま放送中のお話では、直虎と万千代(直政=菅田将暉)が反発しあっているところが描かれていますが、今後2人がどのように共に進んでいくようになるか、そこに注目してこの先の展開をごらんいただければうれしいです」と見どころをアピールした。

 大河ドラマ『おんな城主 直虎』は、NHK総合ほかにて毎週(日)後8・00)放送。

©NHK

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える