• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“謎の知的生命体”制作の舞台裏!SF感動作『メッセージ』BD&DVD収録の映像特典一部公開

『メッセージ』 10月18日(水)にブルーレイ&DVDがリリースされる『メッセージ』の映像特典が一部公開された。

 本作は10月27日(金)公開の話題作『ブレードランナー2049』の監督にも抜擢された鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴが送るSF感動作。また、日本で公開されると、新海誠(『君の名は。』監督)、押井守(『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』監督)、樋口真嗣(『シン・ゴジラ』監督)をはじめとする日本のクリエイターがこぞって絶賛した。

 公開されたのは、ドゥニ監督とスタッフが謎の知的生命体“ヘプタポッド”制作の舞台裏について語る映像。ドゥニ監督は“ヘプタポッド”のデザインと声にこだわったそうで、スタッフは「少しでも人間に似たものはドゥニが嫌がった」と制作時の苦労を告白。ドゥニ監督はデザインについて「エイリアンに求めたのは、クジラのような圧倒的な存在感だ。それから知性だね。現実を超越したような姿にしたかった」と語った。

 一方“ヘプタポッド”の音声を担当したスタッフは「映画を撮るとき、既存の映像素材は使わない。だから音響素材もできる限り新しく録った。いろんな音が必要だったから、たくさんの森へ行った」と、今回の音声はニュージーランド全土を回って録音した素材を使って制作したことを明かした。山の中で録音した鳥の声の他に、バグパイプや先住民の楽器も録音して音声として使用しているという。

 さらに「生春巻きに使うライスペーパーを用意して大きな“肺”を作った。中に水を入れて膨らませて、エイリアンの呼吸音にしたんだ」と意外な音声が“ヘプタポッド”の声の元になったことを明かした。

 こうして出来上がった“ヘプタポッド”に対し、製作のショーン・レヴィは「本当にすごいよ。100年以上の映画史で初めてのデザインなんて。考えられない功績だよ」と絶賛。ドゥニ監督も「型破りなデザインのエイリアンを製作陣が認めてくれて本当によかった」と語っている。

 今回公開されたものを含む“ヘプタポッド”制作の貴重な舞台裏や、ドゥニ監督とスタッフへのインタビューは『メッセージ』ブルーレイ&DVDに収録されている。

『メッセージ』ブルーレイ&DVD&UHD
10月18日(水)発売

ブルーレイ(1枚組)¥4,743+税
DVD(1枚組)¥3,800+税
4K ULTRA HD&ブルーレイ(2枚組)¥6,800+税
同日レンタル開始&デジタル先行配信中

発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2016 Xenolinguistics,LLC.ALll Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える