• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Zeebraも認めた圧巻のダンス!「キットカット ハロウィン ダンスパーティ」開催

「キットカット ハロウィン ダンスパーティ 2017」 「キットカット ハロウィン ダンスパーティ 2017」が10月22日、渋谷「CLUB camelot」で開催された。

 ネスレは “キット、願いかなう。”を合言葉に、2007年から子供たちの夢や健やかな成長を応援するハロウィンキャンペーンを展開。今年は「ディスコ」に慣れ親しんだシニア・ポストシニア層と、ダンス必修化世代である子供たちがチームとなって“まち単位”で参加する、全国規模のダンスコンテストを実施した。

 参加チームは、中学生以下と55歳以上の大人がそれぞれ1名以上を含む2名から6名の編成で、映像審査を通過した全国の精鋭。ダンスの審査は、審査員5名によるポイント制となり、地域への想いや社会貢献、楽しさやチームワーク、ダンステクニック、個性や表現力、コスチュームの5項目それぞれ10点満点で審査。

 審査員は、渋谷区観光大使ナイトアンバサダー兼アーティストのZeebra、 90年代に日本において“Girls Hip Hop”というジャンルを築いたダンスチーム「Brown Sugar」のリーダー・MIHO BROWN、DJ/ サウンド・プロデューサーとして活躍するDJ HASEBE a.k.a. OLDNICKらが務めた。

 Zeebraは「全国各地から集ったダンスチームのパ頂上決戦が行われると考えるとワクワクしますね。ハロウィンという一年に一回のパーティを楽しんでほしいと思います」とコメント。MIHO BROWNは「今日は幅広い世代の皆さんが、ダンスを通じて一丸となる姿を楽しみに来ました。頑張ってください!」と、DJ HASEBEは「自分が作った楽曲で披露されるダンスがとても楽しみです」 と出場チームにエールを送った。

 その後、全8チームが圧巻のダンスパフォーマンスを披露。ネスレキットカット賞を『6teps』、準優勝を『舞はんど舞らいふ』、優勝を『井口ファミリー同好会』が勝ち取った。「ビデオ選考の段階からアクロバットは見ていましたが、生で見れてさらにかっこよくて感動しました!」とZeebraもうならせた『井口ファミリー同好会』のチームメンバーは「一生懸命練習した甲斐がありました!純粋にうれしいです。この経験は一生の思い出になると思います」と喜びを語った。

 『井口ファミリー同好会』は最後にZeebraとのコラボパフォーマンスを披露した。なお、優勝チームには、地域の子供たちのための環境整備などに活用される「まちづくり奨励金」と「賞金30万円」とテレビ出演権、準優勝チームには賞金20万円、そして特別にネスレキットカット賞として、キットカット一年分が贈呈された。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える