• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“Mattマン”が『ジャスティス・リーグ』の巨大砂像にびっくり

『ジャスティス・リーグ』 映画『ジャスティス・リーグ』が11月23日(木・祝)に公開。これに先駆けて、鳥取砂丘で有名な鳥取駅前の風紋広場に、鳥取砂丘の砂を使用した超巨大な『ジャスティス・リーグ』のヒーローたちの砂像が完成し、ガイナーレ鳥取代表取締役 GMの岡野雅行とMattが除幕式に登場した。

 深澤義彦鳥取市長は「オンリーワンの鳥取ブランドである鳥取砂丘が、オンリーワンの能力を秘めた“ジャスティス・リーグ”のヒーローたちとコラボレーションできたことは、とてもうれしく思っています」とあいさつ。まずは、「谷口ジロー砂像」のお披露目が行われ、故谷口氏の大きな砂像が姿を現すと、会場からは大きな拍手が送られた。

 続いて「ジャスティス・リーグ砂像」の除幕式。現役時代にその俊足から“野人”のニックネームでファンから愛された元サッカー日本代表で、現在ガイナーレ鳥取代表取締役 GMを務める岡野が、日本サッカー界最速の男=フラッシュということで式に参加。カウントダウンの掛け声に合わせ、深澤市長らと共に除幕スイッチのボタンを作動させた。

 大きな幕が左右に分かれると、約150トンもの砂を使用し、高さ3.4メートル×幅7.4メートル×奥行4.2メートルという特大サイズの『ジャスティス・リーグ』の像と、応援隊としてリアルなコスチュームに身を包んだコスプレイヤーたちが出現した。

 砂像の前で思い思いのポーズを決めるコスプレイヤーの中に、美しく妖艶に佇むバットマンの姿が。おもむろにマスクを外すと、その素顔は桑田真澄氏の息子でアーティストのMatt。マスクを脱いだMattは「すいません、鏡ください~」とすかさず前髪をセッティング。バットマンならぬ“Mattマン”の登場に、会場は大いに沸いた。

 Mattは巨大な砂像を見上げ、「とにかくすごいとしか言いようがないですね」とその巨大さに驚きの声を上げた。バットマンのスーツについては「コスプレが大好きで、去年のハロウィンはジョーカーだったんです。今年はバットマンになれてうれしいです!」とほほ笑んだ。

 岡野はジャスティス・リーグのメンバーたちのオンリーワンの能力にちなみ、俊足で鳴らした現役時代について「足で日本代表に呼ばれたと思っていたので、足だけは誰にも負けたくないという思いで頑張りましたね」と話しながら、後ろにそびえ立つ砂像をチラッと見て「まーフラッシュほどではないですけどね(笑)」と語った。

「ジャスティス・リーグ」砂像スケジュール
場所:鳥取駅前風紋広場
展示期間:11月2日(木)~11月26日(日)までを予定
※天候による影響、砂像の状態により展示期間の終了が早まる場合があります。

『ジャスティス・リーグ』
11月23日(木・祝)公開

監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック、エズラ・ミラー、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真