• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

日本のNo.1が、世界のNo.1に挑む!『フジヤマ』元日放送

『ニッポンよ!セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1 VS 世界のNo.1』『ニッポンよ!セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1 VS 世界のNo.1』(フジテレビ系)が2018年1月1日(月)に放送される。

 この番組では、まだ日本ではあまり知られていなくても、世界では非常に白熱している面白い競技で、日本のNo.1が世界のNo.1に真剣勝負を挑む。番組で取り上げる対決は「レスキュー対決」「インドアスカイダイビング」「チェイスタグ(新感覚の鬼ごっこ)」「映像マジックショー」「ピタゴラ」「サイエンスショー」「ドローンレース」「フォーメーションダンス」「世紀の大食い対決」の9種目。

「映像マジックショー」対決では、日本No.1の原大樹と、その原が幼いころから憧れていた世界No.1のレジェンド・トニー・チャペック(アメリカ)が最新の映像マジックで真剣勝負。MCの坂上忍をはじめ、見る者の度肝を抜く奇跡とも呼べるマジックが展開される。

「ピタゴラ」対決では、『TVチャンピオン』(テレビ東京系)で初代王者となった日本No.1の野出正和と、「ピタゴラ界のガリレオ」と称される世界No.1のジェイソン・エングブレヒト(アメリカ)が、それぞれの知性と経験で競い合う。

「サイエンスショー」対決では、日本のNo.1にしてサイエンスショーの第一人者・米村でんじろうと、全米で多数の人気番組に出演している世界No.1のドクター・ジェフリー(アメリカ)がガチンコ対決。スタジオで次々と繰り出される過去最大規模の科学実験に、坂上をはじめ、マジックのアシスタントを務めた深田恭子、剛力彩芽も大興奮。

「フォーメーションダンス」対決(社交ダンス団体戦)では、1946年創立の伝統を誇る、日本のNo.1の東京大学・競技ダンス部と、世界大会5連覇中のグリーン・ゴールド・クラブ ブレーメン(ドイツ)が激突。まさかの結末に、坂上らも騒然となる。

 超危険でアクロバティックな鬼ごっこ「チェイスタグ」対決では、日本No.1のmonsterpkが、チェイスタグ発祥の地・イギリス代表にして世界No.1のマレーロ・ギャングに立ち向かう。そしてこの「チェイスタグ」対決には、芸能界肉体派最強軍団として春日俊彰(オードリー)、聖也、永井大、ワッキー(ペナルティ)の4人も参戦する。

「レスキュー対決」では、救助競技の世界王者・チェコ消防団が来日。対する日本は、全国の精鋭消防士から選抜された「消防士ドリームチーム」を結成。スピードとパワーの両方が求められる、3ステージの救助競技で、両チームが白熱のガチンコ対決を行う。

「世紀の大食い対決」では、「人類最強の胃袋」を持つ男・小林尊が、百獣の王・ライオンとのステーキ大食い対決に挑む。

 なお、データ放送では勝者予想企画を実施。抽選で、新型日産「リーフ」1台が贈られる。また、お年玉10万円が9名に当たる電話による勝敗予想企画も展開する。

<坂上忍 コメント>
◆収録を終えて
「僕が、勉強不足だったのかもしれませんが、知らない競技もありましたし、知っている競技もここまで進化しているのかと驚きました。日本のNo.1と世界のNo.1が、元日にガチンコで勝負をするというのは、非常に見応えがあると思いますし、僕もこれだけノドがガラガラになっていますから、多くの人に見てもらわないと困ります(笑)」

◆元日のゴールデン番組のMCを務めることになりましたが
「光栄ですし、すごいことだと思いますけど、いつも見慣れた『バイキング』のスタッフさん中心で制作していますので、周りにその方々がいらっしゃることで、逆にその重責を感じる暇があまりなかったですね(笑)。一番良かったのは、目の前ですごいガチンコ勝負が繰り広げられているので、余計なことを考えなくてすんだことです(笑)。収録前は、“ちょっと意識してしまうのかな”とも思いましたけど、そんな暇もなかったです(笑)。『バイキング』以外のスタッフさんも巻き込みながら、“元日と言えば、『フジヤマ』と思ってもらえる番組作りをしましょう”と話していました。スタッフの皆さんも本当に頑張って下さいましたので、そうなってくれることを祈ると共に、元日にふさわしい番組になるんじゃないかと期待しています」

◆今回の『フジヤマ』は、元日夜の番組として定番化を図りたいということですが
「もちろん、そうですね。今回、“チェイスタグ”という競技に、芸能人の方が参加して下さったんですが、皆さん、すごく練習をしてきて下さったんです。それって、“かくし芸”の精神だなと。普段、忙しい方々が、その勝負に向けて、時間を削って練習をして、世界トップレベルの方々と戦う姿って、やっぱり感動してしまうんですよね。そういった熱量を十分に出せる番組だなと思います」

◆坂上さんご自身、世界と戦えるくらい自信があるものは?
「ポーカーですね(笑)。今、すごいんですよ、世界中でポーカーが。今回、残念ながら負けてしまった方々が、来年、リベンジをしたいと言っていて、僕も皆さんの戦いを見ながら、日本に限らず、世界でその勝負を見たいなと。ドローンレースなんかも、ドバイでのレースがすごすぎて、ああいうものを見に行ってみたいですね。もし、自分が参加するのであれば、やっぱり海外に行ってというのもいいんじゃないですか(笑)。ポーカーは競技ですからね(笑)、本気でいきますよ。来年の番組予算を稼ぎに行きましょうか(笑)。この番組は、本当に幅が広いと思うんです。世界には、まだまだ知らない競技があると聞いていますし、伸び代があると思います」

◆レギュラーの『バイキング』もやりながらですが、体力的にはいかがですか?
「それ、聞きます?(笑)。『バイキング』で毎日毎日、スタッフの皆さんと侃々諤々やってきて、少しずつですけど、見て下さる方が増えてきて、“やれば、できる”じゃないですけど、今回の『フジヤマ』のように、同じスタッフさんと一緒に、『バイキング』とは違うフォーマットで楽しんでいただける番組作りが、ようやくできつつあるように思います。もちろん、『バイキング』は『バイキング』でもっとステップアップしなきゃいけないですけど。そういった意味では、来年に向けて、“今年は勝負をかけたんだな”と感じたので、僕はもうやるしかないですよね。正直、逃げ出したくなることもありますけど、逃げられないですよね。いつも言っていることで、きれいごとでも何でもないですけど、僕なんかより、スタッフさんの方が何倍も大変なんですよ。その方たちが、僕らが上がる土俵を作って下さるんです。“こんなに立派な土俵を作って下さったんだ”と思えば、もうそこに乗っかって勝負しに行かないと。疲れたとか、言ってられないですよ。まぁ、正月休みは倒れてますよ(笑)。もう、正月休みに向けて倒れるような、体になっているんじゃないですか(笑)」

◆『フジヤマ』を楽しみにしている方々へのメッセージ
A:「『フジヤマ』は、従来のものとは違った形の“総合格闘技”なんだと思います。本当にガチ勝負なので。元日の放送ですので、おせちを食べながらでも、お酒を飲みながらでも、何でもいいので、画面を見ていただければ、“何だ、これ”という驚きは絶対にあると思いますので、ぜひご覧いただけたら」

『ニッポンよ!セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1 VS 世界のNo.1』
フジテレビ系
2018年1月1日(月)午後6時~10時

MC:坂上忍
進行:山﨑夕貴、永島優美、堤 礼美(フジテレビアナウンサー)
実況:福原直英、佐野瑞樹、田中大貴、田淵裕章、鈴木芳彦、立本信吾(フジテレビアナウンサー)

スタジオゲスト(五十音順):
草刈民代、剛力彩芽、髙嶋政宏、高橋英樹、高橋真麻、武井壮、玉木宏、深田恭子、吉田沙保里

チェイスタグゲスト(五十音順):
春日俊彰(オードリー)、聖也、永井 大、ワッキー(ペナルティ)

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/fujiyama/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える